2005年10月18日

折り返し地点

日本出張も半分終わった。でも、まだ半分ともいえる。どっちもほんと。

写真が撮れないのが、これほど痛いとは思わなかった。

実は今日のお昼に水道橋の繁華街で食べたポークカレーライス、是非とも写真に撮りたかったのだ。その店はハングリー味川。飛び込みなので知らなかったが、結構有名店らしい。

カウンターだけ7席の小さな店だが、ポークカレー630円を注文すると、なんとこの店、カウンターの中の鉄板でいきなり豚肉を焼き始めた!焼かれていく豚肉の横では、こんがりとしているハンバーグ。おお、この店、具をきちんと鉄板で焼いてるんだ!

かなり感心しながら焼きあがっていくハンバーグから、それを待っているお客の顔を見る。みんなジモティだ。疲れた顔のおばちゃん、飼育動物のように首から名札を下げた、生気のない中年サラリーマン。その横では少年ジャンプを読みながら水を飲んでる若いサラリーマン。彼の場合、生き生きとなる瞬間は、漫画を読んでいる時だけなのではと思わせる風情がある。

よしよし、僕のポークカレーが出来上がった!自家製のルーと絡んで、実に美味である。coco一番亭も好きだが、こういう、いかにも昭和の時代からありますって実直そうなおじさんの作ってくれたカレーが、とてもうれしかった。

おっちゃん、バブルの時代を生き残ってきたんだね、そう声をかけたくなった、水道橋の午後でした。

明日は早朝から大阪で2件のアポ、そして福岡に移動します。



tom_eastwind at 15:45│Comments(0)TrackBack(0) 世界と日本 味めぐり 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔