2006年06月06日

国策捜査その2の2

d8d5116d.jpg

国策捜査その1って何?と聞かれた。それはライブドアだ。

一夜明けて村上ファンドは各方面からの批判を受けている。ブログの動きで面白いのがあった。

 

「ライブドアや村上は一定の業績を残している。株式市場の活性化という光の面の評価をせずに影の部分ばかり無理やり取り上げて、マトモな裁判官なら村上を罪に問えない、少なくとも実刑を与える事には無理があるだろう。一体日本政府は何故こんなルール無視の事をするのだろう」という内容だった。

 

ファイナンスや法律を勉強した専門家なら、村上を罪に問えないと知ってる。てゆ〜か、そんな事したら経済活動出来なくなるし、政府が率先して法律を無視する事になるからだ。

 

例えば経済活動。今後も経団連や何チャラの、同業組合の集まりはあるだろう。そんな集まりの中である日ライブドアのほりえもんが村上に「実は今度、日本放送株、買うんですよ」と話したら、その時点で村上は日本放送株を買う事が出来なくなる。何故なら今回の理屈では、インサイダー取引になるからだ。

 

ではほりえもんが逆手を取って、ソフトバンクインベストメントに株を買わせない為に「今度日本放送株、買うんですよ」とソフトバンクに言ってしまえば、にっくきライバルは日本放送株を買う事が出来ない。

 

法律的にもっと言えば、専門家が雑誌でどこかの株を推奨して株価が上昇した場合、その専門家が日頃付き合っている投資家が株を持ってれば、これもインサイダー取引になる?

 

要するにインサイダー取引とは、それほどに適用が難しい法律であり、インサイダーとは言葉どおり内部情報の話だ。しかし今回は、ほりえもんも村上も外部である。外部で手を組んで株を買ったら、それがインサイダーか?どう見てもアウトサイダーでしょ。

 

こんな強引な方法、よく恥かしくもなく思いついたものだ。そんなに締め過ぎると誰も株式には手を出せなくなる・・・のだ??・・あ、出せる人がいた!株の素人だ!

 

今回の逮捕は、法律の範囲内ぎりぎりで活動を行っているビジネスマンを、道義違反だとして逮捕しているようなものだ。でも道義違反なんて法律は存在しない。

 

要するに今回は目的が見せしめであり、政治の世界では道義違反は法律違反よりも重く、「あいつ生意気だ、やっちまえ」という暴力行為を、権力の名のもとに合法的に行使したというだけだ。

 

博打の胴元が、あんまり勝ち過ぎる博徒村上は叩き出したが、他の旦那衆=一般民衆=素人投資家まで出て行ってしまうと、賭場が立たない。だから人の良い旦那衆が手慰みでやってる分には、お茶を飲ませお酒を飲ませ、たまには資金も貸してあげる。

 

旦那衆が勝ったり負けたりしているうちに、胴元に自然に金が溜まる。それが政府の目指す道だ。国債も個人に買ってもらい、株式を活性化してもらう為に「健全な市場」を作るのだ、えいえいお!

 

日本政府に限らず、政府と名のつくものは大体そのようなものだ。自分の目の届く範囲内で「やんちゃ」をする分には許す。しかし、自分のやり方に逆らうようでは、見せしめに「公衆の面前で晒す」となる。

 

いずれにしても、政府は怖いよ。

 

人気ブログランキングへ

 

 

7月23日、東京国債じゃなかった、東京国際フォーラムで移住説明会を開催します。日本を怖いと思う方、一度ご参加下さい。



tom_eastwind at 11:32│Comments(2)TrackBack(0) 諸行無常のビジネス日誌 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by yoko cavanagh   2006年06月07日 07:53
トムさん

リンクの承諾本当に有難う御座いました!
さっそく私の方にもトムさんのブログのリンクを貼らさせて頂きます!
知性に溢れるトムさんのブログ、素敵ですね!色々と勉強になります。

コメントは下書きの設定になっていたので表に公開されてなかったみたいです。
トムさんのブログ、リンクを貼る場所が無いみたいですが大丈夫でしたでしょうか?


ではこれからも宜しくお願い致します!
2. Posted by tom   2006年06月07日 18:57
ごめんなさい、実はリンクのやり方、今日聞くひまなくて。明日こそは、しっかり調べて開設しますね!

tom

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔