2006年08月10日

山水で飲む

408b556e.jpg

一昨日に山水で、色んな人と酒を飲む。

飲むのが大好きで、話も大好きな僕としては、大変楽しい席だった。

やっぱり、一触即発、手に持ってるウヰスキーぶっ掛けてやろうかというくらいの飲み方って、なかなか出来ないよね。結局ぶっ掛けはなしで終わったが、そう言うば2年位前は、議論というか、しょうもないネタでお互いに興奮して、カウンターの椅子を持ち上げて人をぶん殴ってた事もあったな。

子供じゃないんだからと奥さんには怒られたが、今回は久し振りにしっかり飲む。

そこで思った。価値観の違う人がいきなり初対面で飲む時は、まずお互いに使っている言葉の意味を確定限定させる事が大事。

飲み会でも、ある二人が同じ言葉を使って議論しているが、どうしても話がかみ合わない。だって、その言葉の定義がお互いに全然違うからだ。

日本人同士だからと甘えずに、まずお互いに話している言葉が同じかどうかを確認する。定義を一致させた上で議論すれば、かなりの酒飲み議論は流血なしに収まるのではないか、そんな風に思った一晩。

おそらくこれって、他の状態(昼間の会議、デート、夫婦、etc)でも同じことだと思う。お互いに同じことを話しているようで、実は頭の中にある概念は全く違うのだと言う事が。

無駄を省く為にも、日本語の定義を一致させるってのが必要だなと思った夜でした。ともちゃん、店を忙しくさせてごめんね。

人気ブログランキング



tom_eastwind at 00:01│Comments(2)TrackBack(0) 諸行無常のビジネス日誌 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by tomo   2006年08月11日 01:27
いやぁ、興味深かったですよ。全体像が特に!!
楽しかったし、再確認したり、学ぶトコロだらけ。
どうもありがとう。
2. Posted by tom   2006年08月12日 07:07
そー言ってくれて、感謝!じゃあまた、荒しに行きますね!

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔