2007年03月12日

第22回移住説明会、終了

b3bdad4c.jpg

3月11日午前中、移住・起業説明会無事終了。

今回は15名程度のお集まりだったが、参加者の関心が益々高まっているのを感じた。

遠方から参加されたお客様は、往復の旅費だけで結構かかっているのではないだろうか、それでも正確な情報が欲しいという事だろう。

実際にニュージーランドに関するインターネット情報は出回っているが、かなりの確率で個人情報であり、書き込みをした人にとっては正確な情報だが、読む人にとっては正確な情報とならないケースがある。

家族構成、移住目的、移住資金、そのような背景が一つでも違えば、回答は変化する。それなのに個人の書き込みのみを信用して移住した結果が、「日本帰国」につながる。

ビザが取れなかった、思っていた仕事がなかった、楽しい国ではなかったetc。

だから説明会では、かなりきつい言い方もする。最初の2〜3年は、今まで日本社会で築いて来た地位はゼロになるし、収入も激減する。

だから、自分のプライドを一旦横に置いて、家族のために一生懸命何でもするし、我慢もするという気持ちが必要ですと説明する。

すると、30代のご夫婦は、大体顔を見合わせて下を向くことが多い。

でも、それが現実だ。個人面談でも同じように、かなりきつく説明する。今回も東京で12組の面談をしたが、半分くらいは、きつい事を話させてもらった。

お金を貰いながらお客様に言うのもどうかとは思うが、適当に甘い事を言ってしまえば、後で困る、ってゆうか、大変なめに遭うのはお客様だ。

NZdaisukiでも、「給料安い」とか「全然面白くない国!」等と、生活の不満を訴える人が多い。

他に不満を訴える場所がないからだろうが、日本で年収1千万円貰ってた人がNZに来て、そのままの給料が取れるわけはないし、パチンコも麻雀もカラオケボックスもブランド品もないのは最初から分かっている事だろう。

気持ちは分かるんだけど、少なくとも僕が関わったケースでは、失敗はしたくない。

次回は5月に説明会を開催予定。それにしてもブログ、なかなか復活しないな、何が問題なのか?

写真は、日曜の説明会の後の夕食。新作カップヌードル、具沢山で美味しかった。単純に、昼飯を食う暇がないから腹が減ってたというだけかもしれない。

人気ブログランキングへ



tom_eastwind at 20:09│Comments(0)TrackBack(0) 諸行無常のビジネス日誌 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔