2007年12月22日

シドニーの空室率は0.2%

fa426b70.JPG

今日からシドニー。クリスマスの家族旅行だが、あいにく天気が良くない。

ホテルに着き、まずはインターネットで地元情報を調べると、シドニーは賃貸用物件の家賃が上がり、おまけに物件が少なく、空室率0.2%との事。

そういえば前回来たときに、シドニーに住むキーウィが「僕はシティから車で30分も離れたアパートに住んでるけど、2部屋しかないのに週400ドルだよ、それにまた家賃が上がるようだ」と嘆いてた。

日本でテナントを探すのは苦労らしいが、このシドニーでは、物件を探すテナントのほうが苦労している。

そう思うと、やっぱりビジネスってのは景気の良い街でやるべきだと思った。景気さえよければ、少々ハズしてもどうにかなる。物価が下がり景気の悪い国や地域では、どれだけ頑張っても大して儲けられない。

厳しい現実である。

雨交じりの曇り空の中、家族でチャイナタウンを歩く。

昼食は地元で人気のあるマリゴールド中華レストランに行く。広い店内は随分と混んでおり、10分ほど待たされてからテーブルにつく。

ワゴンに乗った飲茶料理が次々と運ばれてくる。ずいぶんとお腹が空いてたので、早速「豚肉スペアリブ蒸し」を食べるが、???な味。

まずいのではなく違うって感じ。

次にシュウマイ、海老餃子、牛の胃袋等を食べるが、どれも、家族みんなで???な顔になる。

とにかく味が変なのだ。どの料理にも、本来の味以外の味付けがされている。

スペアリブは豚肉の甘みが出るはずなのに、何故か一切れを飲み込む最後の時に、酸っぱい味がする。

鳥の足は辛すぎる。これは本来甘辛い料理である。

シュウマイも、途中で味が苦くなる。

こりゃ何だ?

結局5皿頼んで半分残して店を出た。家族全員で不思議だな〜と言いながら、チャイナタウンを歩く。

ここ、美味しいお店だと思ってたのに、前回の恵比寿の龍天門に引き続き、家族の信頼を無くしてしまった。

シドニー夜景

今晩は「吉井」だ。ここでまた外すと、命取りだな〜。次からは企画担当者クビである。

 

 

 

人気ブログランキングへ

 



tom_eastwind at 15:29│Comments(1)TrackBack(0) 諸行無常のビジネス日誌 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by May   2007年12月23日 10:38
彼「海の男」が作る料理はいわゆる「男の料理」で、どれも豪快でおいしいけど1回だけはずした。
一晩漬け込んだ肉を焼いて、それをカリフラワーと人参のスープの中にほうりこんで、インスタントラーメンのゆでたのをほうりこんで、ジンジャーを入れた。ううう、何とも言えない味。肉は肉で食べようよ。今日はそのタレをスープにラーメン、そこに「味噌を入れない?」「・・ここに味噌?」「トライしよう」何でもあり、かな。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔