2008年01月09日

バービー!

d7f85340.jpg

そういえば去年の仕事納め、12月21日の事である。

 

午後になり、ビルを出入りする人々の顔も段々緩くなり、当センターも今日は最終日なので、ちょっと早めに終わって、軽くビールでも飲もうかと言ってた午後3時過ぎ、突然火災報知機がなった。

 

その20分くらい前から、何かおかしいな、ビルの中でバーベキューの匂いがするな〜とか皆で言ってた。

 

隣のオフィスを見ても誰もいないし、その隣のオフィスを見たら、逆に「オタク、バービー(バーベキューの略)やってんですか?」と聞かれる始末。

 

何かいや〜な予感がしたので、とりあえず身の回りを片付けて、いつでも退社出来る状態にしてパソコンをカタカタやってたら、案の定、「ジャジャジャジャー!」と、凄い勢いで火災報知機がけたたましく鳴り始めた。

 

そらやった、周囲では「うわ、サイテー、こんな時になるかよ!」とか「やべ、この仕事、やりかけじゃんか!」とか言いながら、バタバタと避難準備。

 

オークランドシティは、とにかくよく警報機が鳴る。ほぼ毎日、どころか、おそらく1日に1.5回程度は消防車をどこかで見かける。

 

ビルが古いってのと、警報機の感度が高いってのが大きな理由だろうが、最近出来た背の高いビルでも容赦なく鳴ってくれるし、銀行の入ってるビルでもガンガン避難させてる。ましてや昼食時のフードコートで鳴ることもあるから、火の取り扱いが大変だ。

 

ただ、このあたり、やってくる消防車に文句を言う人もいないし、こそこそと隠れて仕事をする人もいない。公共のルールだ、きっちりと守ろうって考え方だろう。

 

焼け死ぬまで仕事しても意味ないしね。

 

この日も結局30分くらいでビルに戻れた。最初は6階のテナントがバーベキューやったんだろ、あ、そういえばあの階は中国とか韓国のテナントが入ってたから、こちらの警報機の怖さを知らずにやったんじゃないの〜?とか、みんなでおしゃべりしてた。

 

どうもあのバービーの匂いはビル全体を覆ってたみたいで、皆異口同音にバービーの話をしてた。

 

そのうち、あきれたような顔の消防隊員が「はい、戻っていいよ」を指示を出して皆がオフィスに戻れたのだが、後で聞いたら10階に入ってるキーウィの会社がやった事だと判明。

 

罰金高いぞ、それにしてもキーウィ野郎のくせに、この街の火災報知機のこと知らんなんて、最近オークランドに出てきた田舎モノかい?

 

そんな事を皆でわいわいネタにしながら、うちのオフィスでビールとジュース、それに簡単なスナックで一年の締めをしました。

 

それにしても、こういう事が起こっても、誰も怒らないのが楽しいオークランドです。

 

人気ブログランキングへ



tom_eastwind at 00:00│Comments(2)TrackBack(0) 諸行無常のビジネス日誌 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 板と申します   2008年01月09日 11:24
5 ちょっと失礼します。
 おもしろいブログだなぁっと勝手に読ませていただいて感じたので勝手にコメントさせていただきました。 私はオーストラリア3年学生でいたので
なんだか感じた意味が共感できました。
ありがとうございました。
2. Posted by May   2008年01月09日 15:22
私はスーツを着た人もハイヒールを履いた人も見かけないNewtownが好きだ、と今日ふと思った。ウェリントン病院がデンとある。今工事中である。いつもコミュニティーセンターの食堂でお昼を食べる。顔見知りが話しかけてくれるようになった。tomさん、私もあまのじゃくかな、彼らのなまった英語を大阪弁を覚えるがごとく覚えてしまいそうだ。語学学校なんて行かないよ。来月から高校でやってる英語教室には行くけど。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔