2008年03月09日

倹約遺伝子

36f3cc22.jpg

お隣の国に住む先住民族アボリジニの平均寿命は51歳。

 

その原因は、1960年代までの白人による同化政策により都市に拉致されて強制的に住まわされるようになったアボリジニが、白人並みに小麦粉、ラード、塩、砂糖などの食料を与え続けられた生活習慣病のせいだという記事が、3月8日の日経夕刊の「あすへの話題」に掲載されてた。

 

元々アボリジニや日本人は、わずかな塩と食で生きられる優秀な倹約遺伝子の持ち主だったとも紹介されている。

 

そうだろうそうだろう。アボリジニの事は知らないが、実は僕は自分のことを典型的な古いタイプの日本人と思い込んでいるし、だからこそ日頃から食が細い自分の事を、これは絶対倹約遺伝子のせいだ、消費効率が良いだけであり、正しいと思いこそすれ、おかしいなんて一度も思わなかった。

 

大体、今の日本人が食いすぎなのだ。

 

本来は魚と野菜で生きてこれたのに、濃度の高い食い物を食っておいて、そいでもって運動もせずにぶくぶくと太っておいて、次はダイエットだなんて、馬鹿の循環式じゃんか。

 

大金使って無駄に食わせて太らせておいて、次はやせるためにカネ使わせて、結局テレビや広告の奴隷じゃんか。よく考えれば、食われる為に生まれた豚と同じようなもんだ。

 

僕が、出された料理をきちんと食えずに残すと、「残すなんて勿体無い」と言う人がいるけど、作るほうが出す料理の量の問題は放置しておいて、出されたら全部食べなきゃって、出した方の責任はどうなのか?問題のすり替えだよね。

 

大体、俺は豚じゃね〜んだ。ばくばく食っといて、後で体重計に乗って嫌な思いなんて、したくないんだ。

 

大体、一日三食きちんと食わねばならんとどっかの医者や栄養学の先生が言うなら、江戸時代や鎌倉時代の日本人は一日何食食ってたのか?

 

popaiほうれん草は体に良いから食べなさいなどと、バカの念仏みたいに僕に向かって話しかけてた大人たち、昭和40年代当時のほうれん草が農薬まみれで、戦前のほうれん草のような鉄分が激減していて、栄養どころか農薬被害のほうが大きいって、知ってたのか?だから天皇の食い物は、特別に無農薬で作った米と野菜を食ってた(今もだろう)。

 

 

 

「ほうれん草=鉄分が多い」と言う大前提を何の疑問も持たず、農薬にまみれた現実がどうなのかっていうのを無視して、要するにお上に植え付けられた「常識」だけを念仏のように唱えるだけの思考停止なのだ。

 

むしろ、口に入れて不味いと感じて、子供の頃から野菜を食べなかった僕は、なんて素敵な感性の持ち主だったのだろうって、結構自己満足(笑)。

 

てな風に書くと、またも批判を食らいそうだ。半分は皮肉な冗談と笑い飛ばしてもらえばありがたし。

 

いずれにしても、食べ物を効率的に消化出来るかどうかってのは、個体差があると思う。僕の場合は、かなり少量の食い物でも十分に生活出来てるし、それで体の調子が悪くなることもないし、アルコール被害(ガンマGTP)以外は全く健康なので、食い物の消化効率が良いのは間違いないと思う。

 

知ってる人は知ってるが、僕はむっちゃくちゃ汗をかく。お昼にざる蕎麦を食っても汗をかくような体質だ。それも、汗は頭のてっぺんにしか、かかないのが面白い。

 

乱伐した禿山では鉄砲水が起こりやすいってのを、僕は自分の頭でいつも証明しているので、初めて一緒に食事をした人に見てもらうと、かなり受ける。

 

とにかく、ちょっと辛いものでも食べようものなら、頭のてっぺんから禿山を伝った汗が、本当に洪水のように、頭頂から眉毛を抜けて鼻の横を凄い勢いで通り抜けて、あごの下で合流して、ぼたぼたと汗が出るのだ。

 

表だけではなく、裏山でも大洪水!僕はかなり見事な絶壁なので、ミルフォードサウンドの絶壁もびっくりするくらい、後頭部でも滝のような汗が沸いてくる。どわ〜って感じ。

 

普通にバンダナがぐっしょりなるくらいの汗って感じ。だから、韓国料理を食べに行くときは手ぬぐいは必須である。

 

ichibanboshi ramen以前、シドニーの一番星で激辛ラーメンを食った時など、本気で店員さんに心配されて、「大丈夫ですか、ご気分が悪いんですか?」と、声をかけてくれた。

 

君さ、場所と時間を変えて声かけてよ、今はちょいとまずいから、なんて、結構まじで思ったほど可愛い女性だったが、・・・・あのさ〜、おれ、病気じゃないし!

 

これは僕の体質であり、僕の体が必要とすることを僕の体が実行しているだけなので、病気と思ったことはない。汗をかいた後の頭って、すんごいすっきりして気持ちよい。思考能力が高まるのだ。

 

要するに今日言いたいことは、人間は個体差があるし、毎日三食食べるのが体に良いなんてのは一般論だし、ほうれん草が体に良いから食べなさいといっても、出されたほうれん草が農薬まみれであれば意味はないって言う基本的な事実を自分の頭で考えて理解してもらいたいって言う、自己弁護。

 

僕の場合、他の人よりもかなり少量で効果的に栄養を吸収出来ると思う。だから、人間はどれでも同じ、て思い込んで何かを僕に勧めたり注意したりする人、特に君!その基準は君の世界でだけ使ってくださいね、ちゃんちゃん。

 

人気ブログランキングへ



tom_eastwind at 18:05│Comments(0)TrackBack(0) 諸行無常のビジネス日誌 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔