2008年04月19日

香港に一泊

2a53a92f.jpg

香港に一泊。

 

キャセイ航空は週に4日はオークランドから当日香港経由でそのまま成田に行けるのだが、今回はちょいと別の予定が入りそうだったので、泊まりにした。

 

結局その予定は取り消しになったのだが飛行機の予約を今更変更するのも手数料がかかって面倒なので、香港に一泊する。

 

泊まったホテルはチムシャツイイースト(尖東)にあるRegal Kowloon hotel(リーガルカオルーンホテル)。僕が90年代に仕事をしていた日通旅行のオフィスから、広場を横切って歩いて2分の場所にある、仕事でよく足を向けていたホテルだ。

 

ちなみに日航ホテルもDFSも、歩いて1分以内の場所にある。

 

決して5星級ではない。3星くらいかな。ホテルいわく4星だが、立地が良くて値段も手頃で、乗り継ぎの為と夜の街にのみに出るためと考えれば、胃の腑にすとんと落ちる使い勝手の良いホテル。

 

このホテルはチェーン展開しており、空港にも香港側にも九龍側にも旧空港にも沙田にもある。

 

70年代の建物で全面改築をしてないので、おばさんが無理して化粧したような、ドアの端っこにペンキを塗った後とかあるけど、部屋では無線LANが使えるし、ソフト面ではしっかり近代化についてってるホテルだ。

 

 

ビクトリアハーバーオークランドから11時間の飛行の後、夜9時過ぎに香港に到着。それからタクシーでそそくさとホテルに移動、チェックインして荷物を放り込んでシャワーして、10時30分にはコーズウェイベイの行きつけのバーで一杯目の水割りを飲む。

 

「まあ、久しぶりですね〜」と上品そうなお店のママがお迎えしてくれる。

 

 

半年近く前に来ただけなのに、しっかり顔を覚えててくれて、ボトルも本名で入っているのにすぐ出てくる。彼らの記憶容量には脱帽ですな。

 

ちょうど4月の人事異動のせいなのか、5〜8名の団体が二組、賑やかにカラオケを歌っている。

 

おっチャンにしては結構綺麗な歌声だなとか思いながら、ここは日本だな〜。窓の外の景色を眺めて、そんな事を思う。

 

でも、このビルに入居してた日本人向けバーが、すでに2軒廃業している事実は変わらない。「SENSE」と「蛍」は、香港人オーナーと韓国人オーナーと言う違いはあれ、客層は日本人だった。

 

ママにそんな話を振ると、何だか縁起でもないって顔をしながら「そうなんですよ、最近は日系が不況なんですよ」と語ってくれた。

 

今晩はたまたま団体が入ってるけど、古くからやってるお店では商売が結構大変だとの事。香港や中国に進出している日系企業も、その殆どが利益を出せてないと聞く。皆が行くから俺も行く的に進出して、今はその高いツケを払ってる、てか、社員が払わされているのだ。

 

1980年代は日本の製品を叩く意味でJapanBassingだったのが、21世紀に入るとJapanPassing、そして今は、JapanNOTHINGだ。「痛い日本」って意味で「JAPAIN」とも言われたりする。

 

ところが同じビルに入居している香港人向けのクラブやバーは、エレベーターの前まで行列が出来るほどだ。

 

おいおいこれでいいのかよ?

 

手形でも仕方ない。香港の連中は空気の流れにとても敏感だ。15年前は日本語を学ぶ香港人が多かったのに、今彼らが一生懸命中国語を学んでるのを見れば、21世紀は中国の時代かなと本気で思う。

 

日本に住んでいる人たちは、外国のものが高いという。違う。価格は適正なのだ。

 

自分の地盤が沈下しただけなのだ。日本の円が下がり給料が下がったから、外国からものを買うと高くなったと感じるだけだ。

 

USドルと比較して上がった下がったというが、ユーロ、NZドル、AUSドルと比較すれば、ここ5年でどれだけ墜ちたか良く分かる。

 

彼らは昨日の豆腐と今日の豆腐の値段の違いしか見ない。何故上がったか?何故下がったか?そんな事はどうでも良いのだ。バイオエタノールによる食糧問題も「俺には関係ない」、だ。今、いくらで野菜やとうもろこしが買えるか?それしか考えようとしない。食料を国家戦略として考えることが出来ない。全くドメスティックな発想しかない。

 

最近は食料の買い負けというのがやっと記事に出るようになった。日本人は安くて良いものを求めるが、食料に限ってはこれが通用しない。ニュージーランドで獲れる魚は、中国人が言い値で買ってくれるのだ。何で注文が難しくて値段の安い日本人に売らんといかんのか?

 

でも食料自給率が低い日本では、どうしても肉や魚や野菜を海外から買うしかない。その結果食料品の価格は確実に上昇する。ところが給料は増えないから、生活は苦しくなる。おまけに今後日本円は長期的には確実に安くなる。そうなれば為替分も食料品高に影響を与える。

 

ロシアが倒産して経済が破壊され、やくざが国を乗っ取ったのはつい10数年前だ。今はプーチンがすんごいパワーで何とか元の国家に戻そうとしているけど、経済が崩壊していた時代に国民がどれほど苦労したか。

 

政治の無策と言う大失敗が、失われた10年に続いて日本の長期的低下を招いている。国内にいては見えてこない事実だが、国内にいる人が気づいた時は、完全に手遅れになってしまうだろう。

 

 

 



tom_eastwind at 10:29│Comments(0)TrackBack(0) NZの不動産および起業 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔