2008年07月15日

若きハッカー

248e78d9.jpg

 

ファティアンガに住む若きコンピューターの天才が米国のペンシルヴァニア大学のコンピューターシステムにハッキングして、ニュージーランド警察、米国FBI、オランダ当局の共同調査により逮捕されたのは去年のこと

だ。

 

 

 

若きハッカー君、Akillというネット上の名前だそうだが、国際インターネットサイバー犯罪集団の一員である彼の犯意は明確、本人も自供して、地方裁判所では有罪判決を受けたのだが、今日の高等裁判所の判決では、有罪判決が出ることなく、自由に裁判所から立ち去った、そうな。

 

その理由は、本人はまだ若いし、今回の事件ではお金が目的と言うよりも自分の実力を見せ付けたかったからで、更に外国の会社から仕事のオファーも来てるから、その経歴に傷を付けたくないからなんだと。

 

????

 

ここで普通の日本人なら、「犯罪でしょ?自供してるでしょ?証拠もあるでしょ?それにペンシルヴァニア大学は多額な損害を受けているんでしょう?それでいいんかい?」となる。

 

日本居住者からすれば目が点って感じだけど、こういう事は、実はニュージーランドではよくある。

 

犯罪者天国ってわけじゃないけど、どうもこの国の法律は、その適用に当たって最大限に犯罪者に有利に働くようになっており、通常の経済事犯とか今回のような「人を驚かせて、自分の力を見せ付けたい」ようなケースでは、無罪になることも多いのだ。

 

白人だから無罪ってわけでも、コンピューターが使えて優秀だから無罪ってわけでもなく、若者は更生の機会を与えることが必要だって考え方。

 

そういえば数年前にも面白い事件があった。Kロードで麻薬を買った40代のビジネス経営者が逮捕されたのだが、結局彼は週末の無償奉仕数百時間のみで、無罪釈放。その時の判決理由は、「このビジネス経営者は優秀で、彼が今刑務所に入ると会社の売上が下がるし、従業員も困る。だから刑務所に入れるよりも働かせて納税させたほうが社会の為だ」ってこと。

 

このあたり、日本人にはもう理解不能だろう。

 

金が万能な社会なのか?

 

勿論違う。

 

ただ、社会を支える法律に対する考え方が、日本とは根本的に異なるだけなのだ。

 

例えば麻薬で捕まった経営者の場合、彼を刑務所に入れる理由は何だ?収監費用、刑務所でのメシ代など、社会コストが発生するではないか?彼が麻薬を吸ったからと言って国民が税金を払うのでは、不公平ではないか?

 

「悪いことをしたら刑務所に入るよ」なんて考え方の人からすればあり得ないような考え方だけど、こりゃもう法律が何故存在するのか、何故刑務所が存在するか、そこから考えないと理解不能だ。

 

この国の法律を学ぼうとする若者が一番最初に教えられる黄金のルール、それは、法律は真実を追究する道具ではなく物事を整理する為の手段であるってことだ。

 

秩序を守ることが法律の精神であり、法律を守ることが法の精神ではない。だから、法律に違反したとしても秩序に影響が出なければ、てか法律を守ることで秩序に影響が出るなら、法律を適用するなって言ってるのだ。

 

この言葉をハッカー青年に当てはめると、この若者は自分のやった事を十分反省しているし、もう二度としないと言ってる、それに彼が今後立派に働いて納税してもらうほうが社会的価値が高いではないか、何故刑務所に放り込んで国民の税金で面倒を見なければいけないのだ、となる。

 

ニュージーランドに移住してきて戸惑う人が多いが、その多くはこのような法律や社会習慣の根っこの部分が理解出来ないからである。

 

表面的にニュージーランドをいくら眺めても絶対にこの「法の精神」は見えてこないし、社会習慣の持つ根っこ、それは時代背景だったり道徳心だったり、更に言えば宗教観、つまり死生観にまで落とし込まないと理解出来ない部分がある。

 

だから、日本の基準で、NZ方式が良い悪いと判断するのはやめてほしい。誰にも独特の価値観があるのだ。てか、僕はNZの法体系は合理的だと感じている。

 

ニュージーランドに移住してくる人々には、その自然の美しさや人々の優しさとかストレスフリーの部分だけを見るのではなく、国の拠って立つ根っこの部分も学んで欲しいと思う。

 

なぜなら、この国の根っこを知ることによって、初めて日本という国の良い部分、悪い部分、世界の中でどのような立ち位置にあるのかが客観的に見えてくるからだ。



tom_eastwind at 12:46│Comments(1)TrackBack(0) 諸行無常のビジネス日誌 | NZニュース

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by あき   2008年07月26日 23:31
法に関して言えば、日本という一括りの言葉で表現をしていいと思うが、全ての日本人がこの様な考え方を持っているかというと、別だと感じます。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔