2009年02月04日

カムイ伝

d5cc6c24.jpg

買ったぞ!

 

良い年こいて漫画買って大喜びしている。奥さんには言えないぞ、一冊が4800円の漫画を4冊なんだから。

 

それは写真下の百科事典みたいな「カムイ伝」豪華愛蔵版なのです!

 

うれし!〜

 

カムイ伝は、歴代漫画界の中でベスト10には絶対に入る作品で、作者の白土三平も勿論素晴らしい実力なんだけど、手塚治虫と比べればほんのちょっとだけ落ちる。

 

石ノ森章太郎と同じレベルかな。それはちょうどアイススケートで安藤と浅田を比較するようなもので白土と石森はほぼ互角。手塚治虫と比較する事自体にムリがあるかもね。

 

けどカムイ伝だけは、並みクラスの手塚作品よりは確実にレベルが高い。ブラックジャックと喧嘩しても負けないし、火の鳥と肩を並べたら5cmくらい低いだけ。

 

いや〜、うれしいな。こんな環境にいて何よりうれしいのは、過去の名作をゆっくり読めることだ。

 

この街は何もないけど時間だけはたっぷりある。職住接近だし残業ないし土日は完休だし年休は、・・あれ?おれは年休あるのか?けど本を読む時間だけはあるぞ。

 

何より作品が作られた1970年と言う時代背景とガロという一種独特な、ある意味宗教はいってますか?と思いたくなるような雑誌に掲載されたと言う特殊事情もあるが、けどやっぱり時代を超えていつまでも新鮮で本物なのだ。

 

他にも満州ものをいくつか買った。

 

佐野真一のドキュメンタリーでは、前回は満州の麻薬の元締めの話。今回は大杉栄を殺したことで有名な甘粕正彦。

 

それから馬賊の話だ。これも面白そう。戦前の日本や満州は、う〜ん、オレ、住んでみたかったかも。今もかなり自由にやってるけど、戦前の方がもっと楽しめた気がするな。

 

最近は満州や戦前の歴史にはまってます。今回は僕のクレジットカードで買いました。奥さんが買い物総額を見ると本気で怒り出すかもしれないので、はは。 

 

 

カムイ伝 (10) (小学館文庫)カムイ伝 (10) (小学館文庫)
著者:白土 三平
販売元:小学館
発売日:1995-06
おすすめ度:5.0
クチコミを見る



tom_eastwind at 00:45│Comments(0)TrackBack(0) 諸行無常のビジネス日誌 | 最近読んだ本 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔