2009年02月23日

両輪社会、三輪社会

cfdb4aca.JPG

 

今日からオークランドで仕事再開。

 

今回の出張を計算してみると、去年のどの出張よりも長かった。

 

 

と言うのも、

 

前半は農業など新規業務の立ち上げミーティングどっさり。

 

中盤はお客様ご家族と去年からお約束させて頂いてたスキー。

 

後半既存企画のミーティングどっさり。

 

それにみゆきのアパート探しもあってネタが目白押し。

 

けどこれで今年の方向性や各業務ごとに仕分けが出来てきたので種まきは無事終了だ。

 

後はこれを種ごとにどう大きくしていくか。

 

特に農業と漁業。

 

農業は早速取り組みを開始する。

 

まずはフランス産のプレサレと同様な土地で飼育されるラム肉の製品化と日本のレストラン向け業務用輸出である。

 

これにはまだまだ障壁が多いけど、生産、輸送、販売と各分野ではすでに業務遂行能力を持っている人々ばかりが今回のチーム。だから後はそれを全体図を描いて実際に動かすと言う商社能力が当社に要求される。

 

でもって当社の一番得意な部分も、実はこの商社機能なのだ。なのでこれはうまくいけば半年程度で市場に出せるだろう。

 

ここで難しいのは以前も書いたけど、生産者と消費者がお互いに相手を尊敬していくという点だ。

 

言葉を変えて言えば、お客様が神様と思っている人びととは、この取引は成立しないと言うこと。

 

生産者にしても消費者にしても、まず皆は人間である。一つの社会をそれぞれ業務分担しながら助け合って生きている人間である。

 

ある人は都会で機械を作り、ある人は田舎でその機械を使って農作物を収穫する。ある人は生産者と消費者を結ぶ流通の仕事をする。そうやって三者が最終的に社会を構築するのだ。

 

ほら、どれ一つがいなくなっても困るのが近代社会だ。

 

そんな時にモンスタークレーマーや値段叩きしか言わない流通業者、商品を誤魔化す生産者となったら、そんな社会はあっという間に他人が信用出来なくなって崩壊してしまう。

 

今の中国を見ればよく分かることで、人が人を信用出来ない。だから野菜でも果物でも日本製が高くても売れるのだ。

 

そうやって世界で構築してきた日本製の素晴らしさだけど、今その成功のリンクがdandan壊れ始めている。

 

それはマスコミ、クレーマー、自分の利益しか考えない流通業者などあちこちに問題はあるものの、一番悪いのは「お客様は神様です」と言うシンワを作った歌手だ(半分冗談・ほんとはその時代の流れだったんだろうけどね)

 

日本人ってのは理論的に考えずに情緒に流されるから、和服を着て歌うおじさんがにこっと笑って「お客様は!」とやってしまうと、その言葉の裏にある近代社会での分業化と言う一番大事な視点を忘れさせてしまい、消費者は神様、金を持ってれば消費者、じゃあ金持ちが一番じゃん!と言うことになったのだ。

 

まあそのあたりは日本でこれからどう変化していくにせよ、少なくとも今回のビジネスでは生産者である南半球の酪農家の人々が、8千キロ以上はなれた北半球の島国の人々に対して好意を持ってもらうのが第一だ。

 

酪農家の皆さんが5年も働けば一軒目の家を買える頭金が貯金出来るくらいの利益を出してもらいたい。

 

そして次は消費する人々に口福を味わって欲しい。フランスのプレサレラムは一頭で店頭価格25万円くらいする高級品だけど、味はそりゃもう絶品だし、第一流通量がめちゃ少ないから、そこにはまだニュージーランドラムが入っていく市場があるはずだし、クリーン&グリーンのニュージーランドのイメージでブランド化すれば、これは確実に売れる。

 

勿論途中で流通に関わって全体図を描く担当の僕らも商売だから利益を出さねばならない。けどそれは一番最後で良い。また必要であれば両者の利益確保の為には絵を描く責任者である当社が負担をすれば良いと思ってる。けど最終的には利益を出さないとダメ。企業の利益をどうこう言う人がいるけど、そういう人に限って自分の利益には敏いのだから困ったもんだ。

 

まあいずれにしても明日からだ。

 

漁業に関する新技術もしっかり日本で見せてもらったので、これも早速ニュージーランドでの実用化を目指して始動だ。農業よりもこっちの方が時間かかりそうな気がするけど、とにかく既存ビジネスの上に新ビジネスとして立ち上げていくには遣り甲斐のある仕事だ。

 

車は一輪ではいずれ倒れる。

両輪あれば進んでいる間は倒れない。

三輪あればまず倒れない。

 

三輪社会で皆が助け合う、そんな時に一人だけ神様になってもらったら困る。皆仲間、友達なのだ。

 

写真は八方の黒びし。ご存知の方はご存知ですね。初回目の挑戦でコブの真ん中あたりで見事に飛びました。まだ手足は付いてます・・・。

 

いや、ほんとにすごいですね黒びし・・・。来年待ってろよ。



tom_eastwind at 00:38│Comments(0)TrackBack(0) 諸行無常のビジネス日誌 | NZの不動産および起業

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔