2009年12月05日

大雨オークランド後晴天

オークランドは大雨だ。

 

数日前からずっと冬の終わりに戻ったような冷たい雨で、金曜日はさすがにこれ以上日本で買ったスーツ(高品質で低価格、NZの正反対の意味)を濡らしてクリーニングに出してぼろぼろにされて戻ってくれのをドキドキしながら待つよりは(高価格でアイロンのかけ方も知らずにボタンを溶かして返されるの意味)、カジュアルフライデーであり外部との約束もないのでと久しぶりにジーンズで出勤した。

 

それにしてもよく降るな、この雨・・・おまけに冷たいし。いくら一日に10度の気温変化があるったって、下方硬直型の気温変化なので、鼻ぐずぐず。

 

12月だぜ、本来なら夏の天気でスカッとした青空にカラッとした25度くらいの空気なのに、今日はなんじゃこりゃ、真っ黒な空に14度の寒さで、こんな天気じゃイギリス人もロンドンに帰るぞってくらい。

 

それでもって土曜日もまた大雨ですぜなんて予報を聞いてると、どこが温暖化だよなんて思ってしまう。

 

そんな時に見かけたのがこの記事。

 

★抜粋開始

とは言え、たばこ増税は1998年以降で3回行われたが、いずれも上げ幅は1本1円だった。1本2円以上の値上げは過去に例がなく、財務省は「実際に税収がどうなるか、影響は読めない」としている。

 また、たばこ事業法の廃止方針は、「大幅増税喫煙率低下たばこ産業への打撃」という流れを容認することにつながる。同法の代わりに国民の健康増進を目的とした新法が制定されれば、さらなる増税の大義名分となりうる。

 ただ、喫煙率低下は税収減を招く可能性もあり、バランスをどうとるかが課題となりそうだ。

JTに打撃

 たばこ税の増税は、営業利益の約半分を国内たばこ販売に依存する日本たばこ産業(JT)にとって業績の下押し圧力となる。

 

 2009年のJTのたばこ販売数量は前年比4・6%減の1525億本と、ピークだった1996年(2706億本)の6割以下に落ち込む見込みだ。

 

JTは「増税となれば産業全体への影響は大きく、慎重な議論をお願いしたい」としている。さらに、たばこ事業法の廃止によって将来的に大幅増税が行われれば、販売数量の一段の減少を招き、JTの経営自体を揺るがしかねない。

 

ただ、同法廃止に伴って小売価格の政府認可制度もなくなるため、欧米と同様にメーカーが価格を自由に設定できる可能性があり、現在と比べて適正な利益を確保しやすくなるとの見方もある。

2009124  読売新聞)

     抜粋完了

 

おうおう、値上げの議論をやってますな。高額納税者(酒税)であるぼくからすれば、酒一本あたりの税金がいくらであろうが量でこなすのであまり関係ない税率ではある。

 

安かろうが高かろうがいずれにしても飲むのだし、税金を払うのは国民の義務である。だって誰かが税金を払わないと政府の再配分による社会保障が維持出来ないのだから。

 

だからタバコのような嗜好品の税金を上げるのは基本的に賛成だし、それで吸う人が減る、つまり日和見喫煙者が禁煙にシフトするのは肺がん医療費の削減に繋がるからこれも賛成。

 4992b54d.jpg

けどタバコを作るのがJTだけの特権と言う必要はないのでは?この記事にも出てるけど、タバコ事業法を廃止してたばこ製造の自由化をすれば、面白いビジネスに繋がるのではないか?

 

今は実質政府管理だから「新しいたばこ」を作る発想はないだろうけど、もしとんでもない化学者がベンチャーと組んで全く新しいタバコを作ればどうだろう?

 

まずはたばこの臭いがしないタバコなんてどうだ?これだと服や部屋に染み付くにおいがなくなる。地方のホテルや旅館に行くと、今でも喫煙が普通だから、禁煙部屋が大好きなぼくにはとても辛い。

 

それからタバコの代わりにニコチンを注射するビジネスも良いかも。スーツのポケットに注射器を入れてるビジネスマン、かっこいいです(笑)。なにせ点滴ビジネスが東京で流行っているくらいだから、針を打つのに抵抗はないでしょうし。

 

臭いを変えてみれば?桃タバコとかみかんタバコとかどうだろう。桃の葉でタバコを作り、そこに桃の香りを合成してタバコを吸うと出てくる煙がピンク色。なんともよろしいですね〜(笑)。

 

そんな事を思ってf0ce8764.JPG土曜日を迎えたら、なんと午前中はピーカン快晴!

 

ひさしぶりに車を洗ってすっきり。ついでにりょうま君のWarhammerのスプレー作業も進んだ。

 

写真はベランダでスプレーした模型です。



tom_eastwind at 12:40│Comments(0)TrackBack(0) 諸行無常のビジネス日誌 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔