2010年01月28日

最低賃金上昇

4月1日より最低賃金が12.75セントになる。

現行の最低賃金が12.50セントだから25セント上昇ですね。

大体そんなものでしょう。賃上げは労働者にとって必要だし、僕は経営者としても「そりゃ出すべきでしょう」と思ってる。

夫婦で5年一生懸命働いたら住宅購入の頭金が溜まる、それくらいが正しい賃上げだと考えている。

レストラン経営者からすれば「またかよ、払っていけねえよ」と言いたいだろうけど、そこは経営者が腹を括って、従業員に12.75ドル払ってでも成り立つような原価計算をすべきだろう。

「オレだって大変なんだ」と経営者は言いたいだろうけど、いずれ誰かが最初にリスクを取ってビジネスをやる以上、経営者がリスクを取っていくしかない。

まず従業員に給料を払う。その上で利益が出るような価格設定を行う。これが経営者の取るべきリスクである。

最低時給15ドルって話もあったけど、やっぱりあれはお流れですね。

これからも毎年賃上げが行われていくのだから、最初から原価に組み込んでおいて、物価上昇に耐えられる原価計算をして商品に高い付加価値を付けていくのが経営者の役目です。



tom_eastwind at 01:13│Comments(0)TrackBack(0) 諸行無常のビジネス日誌 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔