2010年05月10日

隣の庭

0ab4fbaa.jpg

昨日はシドニーの事をいくつか書いたけど、書きながらふと思い出したことがある。

それは日本からニュージーランドに移住した日本人移住者が数年経つと「ニュージーランドは田舎でチャンスもないからシドニーみたいな大都市に行かなくちゃ」みたいな発言をする事だ。

これは何も日本人に限った事ではなく韓国人や中国人でも全く同じだ。とくに中国人の場合は豪州で直接永住権申請が出来ないので一旦ニュージーランドに来て永住権取得、5年後にまともな英語も出来ないくせにNZ市民権を申請して豪州に渡ると言うケースだ。

たしかにNZは豪州への裏の木戸であるから別に問題はないのだが、法律の趣旨からは外れているよね。

日本では法律の趣旨から外れていても法律の条文から外れてなければOKだと思ってるしそれは中国人も同じ。

キーウィからすればそんな積りで豪州と経済緊密化協定を締結したわけではないのだが、今のところうまい事外国人に利用されている。

けどま、そんな事するから穴をふさがれていたちごっこになり、そのうちあまりにたくさんの法律だらけで一体何が合法で何が違法か分からなくなったり、法律自体が矛盾してくるのはよくあることだ。

これが条例主義ってか、大陸法の問題点である。NZのように「常識で考えれば分かるでしょ法」だとあんまりたくさんの規定を作らなくても「まともにやってね」で済むのだから。

しかし今日の話は日本人でも綺麗そうな顔して中国人と同じようにずるして、それでいて澄ました顔で「あらま、何かわるうござんすか」と言うどっかのアナウンサーの話ではない。(数年前に日本人女性アナウンサーが法律の抜け目を利用してNZで出産しようとして大問題になりその後すぐに法律改正された事件)

つまり表のドアを叩いても開けてくれなかった豪州に裏口から入れたとしても、あなたに豪州で生活出来るだけの能力があるのかってのは別問題だという事。

確かに豪州は仕事が多いし色んな機会も多い。けどそれと同じかそれ以上にあなたの競争相手も多いのだ。

「豪州の方が活気があって給料が高くて〜」と言うあなた、そりゃ事実ですよ。確かに一般論としてはその通り。

けどNZのような田舎でさえまともに稼げる能力がないのに、それよりハードルの高い豪州で生活が出来ると思っているのでしょうか?大体それだけの能力があるなら直接豪州で永住権を申請すれば良いだけのこと。

それが出来なくて裏口から来ておいて豪州に渡っても、あっちにいるのは厳しい永住権審査をクリアーした優秀な日本人や中国人ですよ。

ほんと、「豪州の方が余程良いからやっぱり豪州に行く〜」なんていう人の楽観的発想は一体どこから出てくるのか?自分の身の丈を考えて話しているのか、不思議でたまらん。

中には言い訳のように「NZで10頑張っても10しか稼げない。けど豪州なら10頑張って20稼げる!」と言う人もいる。それも事実だろう、あなたにそれだけの能力があれば、ね。

第一それならNZなんかに移住せずに最初から日本で頑張れば良いだけの事。人口が400万人のNZより人口が2千2百万人の豪州の方が機会多いって理屈なら、人口が1億2千万人いて日本語の通じる国の方がもっと良いでしょう。

結局日本でも使い物にならず、かと言って豪州では永住権が取れず(もちろんそれ以外の英国圏は最初から無理)NZに来たような移住者がいつまでも身の丈を考えもせずに見果てぬ勘違いの夢を見ているのが現状ではないか。

そういうのってどこにでもいるよね。現状に不満を言いつつも結局はなにもせずに毎日時間ばかり経って、それでも自分のプライドだけは高いからどんどん一般社会から隔離されていく人々。

実は今、オークランドでも日本人移民老齢化が始まっており、20世紀にスピンアウトしてこの国に来た移住者(一般世間では日本から弾かれた、落されたという)の一部、いいですか一部ですよ(笑い)、そういう連中が20世紀の思い出に浸りながらぐっちゃぐちゃとじじばば同士で過去を語って慰めあってる姿が目立つのだ。情けない。

そんな事よりも今からでも、このニュージーランドのような、まるで病の床から起き上がったばかりの素人でも何とか頑張ればどうにかなる国でビジネスの練習して一つくらい何か成功させて、それからどうにか考えるべきでしょ。

21世紀にこの国に来る人は「一旗挙げてやろう派」よりも家族の幸せとかゆっくりした生活を望んでいる人々が殆どだと思う。

そういう人たちに言いたいことは、古い奴ら(一部ですよ、いちぶww)とあまり口を聞くな、過去を語る奴と同じ場所にいるな、である。

それよりもこの国を選んだ本来の理由を忘れずに家族でこの田舎生活を楽しんでいただき、持続出来る心豊かな生活を送ってもらいたいものだ。


tom_eastwind at 19:03│Comments(0)TrackBack(0) 諸行無常のビジネス日誌 | 移住相談

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔