2010年05月16日

働く事を楽しめる日本人

0eec1002.JPG
大阪大学でロボットを作っている石黒浩教授はじぶんそっくりのロボットを作った天才学者と呼ばれている。

その彼がインタビューで「働く時間を楽しめる日本人にしか、最先端のモノ作りは出来ない」と言ってた。

海外を飛び回って海外から日本を見てそう確信したそうだ。

これは確かに一つの真実を突いてると思う。

日本と言う環境で仏教と八百万と言うどちらも「違いを認める考え方」を持ち、労働を社会貢献と考えて、尚且つ知的好奇心を満足させる為に夜中遅くまで働く。

(ただしここには半分強制で残業している無駄な事務仕事は含まれない)

キリスト教のように「おれしか正しくないんだ、他は一切認めない」と言う基本姿勢に加えて「労働は神との契約で義務である」と考える人々は、その基本的な考え方に他人の考えを認めない部分があり「出来るだけ自分は働かない」で儲かろうとする姿勢がある。

どっちが良い悪いではなく基本的な考え方の違い。仕事が好きで仕事をするのが日本人だ。僕は日本人に生まれて幸せだし働く事を通じて日本人やキーウィの生活が向上してくれればと本気で思えるから仕事をしていて楽しい。

たぶん生まれ変わっても日本人になりたい。

けどその日本人が一番苦手とするのがビジネスであることもよく分かる。
だから少々他人に働きすぎと言われようが、日本のモノを世界に広げるんだったら楽しい。

という事で今日から飛行機に乗って2週間の出張です。

写真はオークランド空港でよく買う「日韓弁当」です。名前は勝手に僕がつけました。地元の食材を韓国風に料理して日本食の弁当として販売してます。味が素朴でけっこう好きです。









tom_eastwind at 12:36│Comments(0)TrackBack(0) 諸行無常のビジネス日誌 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔