2011年11月13日

中野先生の素晴らしい日々

先生いかがお過ごしですか?どうやらTPP参加に向けて交渉開始と言う玉虫色ながら前進することになりあなたの役目も無事終了して良かったですね。

 

今となればあなたがテレビで怒鳴ってた時に一瞬横切った不安そうな顔の意味がよく分かります。あなたが怖がっていたのは万が一何かの間違いで野田首相が「じゃあTPPや〜めた」と言う事だったのですね。

 

先生は経産省出身だから日本がTPPに参加するとは最初から仲間に聞いてた。経産省はTPP推進の立場だけど、彼らは自分たちが推進主体として経産省が悪者にされないために日頃「TPP反対」と言ってるけど古賀茂明氏のように親分に盾突いてまで自分の考えを通すつもりもないあなたをテレビ出演させて一般市民に「そうか〜、経産省出身者も反対なんだ、けっこうまともじゃん」って思わせる作戦だったんですからね。

 

だいいちあなたの日頃のTPP反対だってあれは同期入省連中と差をつけて最低でも局長、出来れば次官狙いの作戦ですよね。今回はTPPが良いネタになったのでテレビに出て自分が有名になるために、キャリア官僚として出世する為にまずはテレビ出演してTPP反対なんて大声で怒鳴り上げた。こうやって顔を売っておけば将来有利ですもんね。

 

第一TPPに参加することは知ってたんだからどれだけ反対して何を言っても後で「あんた、TPP反対だったよね、だったら不参加しなかった代わりに何か良い案があるんだろうね?」と反証を求められる事もない。それにあそこまで本気でTPP怒るんだったら何故テレビを使って経産省本省と公開討論を提案しなかったのですか?あなたの出身母体でありTPP推進派が誰なのか知ってたでしょ、なぜ下っ端の民間人相手にテレビで怒鳴ってたんですかね?不思議ですね。

 

よおくできた戦略ですね、けど最後の土壇場で野田さんが「政治決断」でもされたら一番困るのは先生ですもんね。だからその恐怖がつい顔に出たんですよね。

 

何せTPPや〜めたとなればTPP反対派はその場では自分の意見が通った事で満足するでしょう。けど後になって普通の何も知らない人々が

「よっしゃ、亡国TPPは中野先生の努力で潰してもらったけどさ、ところでどうするよこれから?TPPには参加しないままで関税もこのままって事は外国も日本向けの関税は下げないから輸出拡大(TPPは元々輸出拡大策ではない)にはつながらないよね?」

 

「でもって検疫など手続きの煩雑さは今まで通り。テーことは彼らTPP参加国の内輪だけで取引した方が手っ取り早いから日本はスルーって事になるんだよね。で、えっと、ニュージーランドと中国はすでにFTA締結しているよね。あれ?以前は日本の将来は少子高齢化で国内消費が縮小していくんだから海外進出って言ってなかったっけ?」

 

「てか、円高を利用して企業は海外に出ようって言ってなかったっけ?日本で売れないんだから日本に工場置いてても仕方ないよね。むしろ消費者のいる国に工場作った方が製造業にとっては有利だったよね。てーことは今は円高だから企業は円高を利用して海外に工場移して更に日本は税金高いから本社も海外に移すことになるよね。あれ?そうすると国内雇用がなくなるよね?それに企業の法人税、市民税も入らなくなるよね〜」

「そう言えばオバマさんは“これから米国は輸出国になる”と言ってたよね、だから日本国内で作っても米国は買わないよね。そうだ、米国産トヨタ車が韓国で売られるようになったんだよね、米韓FTAで。てか日産自動車はマーチをタイで作って日本に輸出しているよね?けど車って部品がたくさん必要だから完成工場だけじゃなくて部品工場も全部米国に引越しになるよね」

 

「あれ〜?だったらおれ、どこで働けばいいの?工場の仕事ないじゃん。てか政府はますますお金が無くなるけど学校のおカネとか医療費とか全額負担しろなんて言わないよね?失業手当もらえるよね?低所得者向けの手当てとか俺の年金どうなるの?」

 

「よっしゃ!ではTPP亡国論者(経産省キャリア)で高名(よくテレビに出てるから)でとっても頭が良い(東大教養卒)中野先生に聞いてみよう♪あれだけTPPに反対したんだ、先生ならちゃんと対案持っているよね何でも知っているもんね!!」となる。

 

要するに一般市民の方は正しい話と間違った話がごっちゃになってしまい何が正解か分からなくなって、テレビで先生が自信たっぷりにTPP反対と主張していたから中野先生に味方した。てっきり先生が何か秘策を持っていると思ってたんですね。けれどいざTPP不参加になってみても結局何も変わらないまま不況感だけが広がる。そこで先生の自宅を訪ねる一般市民。

 

市民「せんせーい、すみません、これからぼくらの仕事やこどもたちの教育とか医療とか社会福祉が昔のように貰えるんでしょうか〜?」

中野「何〜、お前の仕事〜?、そんなのおれが知るかよ!おれは原子力エネルギーと社会工学が専門で経済なんて分かるわけないだろーが、おれのウィキちゃんと見てみろゲンパツ推進って書いてるだろーがよ!仕事がない〜?、だったら原発で炉心洗いでもやってろ!これから日本は経産省がバンバン原発作るんだからよ!社会福祉が欲しいだと〜?ふざけんな、好きで作ったガキだろ、自分で面倒見てろ、政府は忙しいのだ、働きもせん奴が何言うか!自己責任じゃ〜!」

 

先生、こんな事態にならずに済んで良かったですね。ところで大学生活もテレビ出演も十分楽しんだようですので、古巣の経産省に戻って福島原発を国営化して所長でもやってみませんか?

 



tom_eastwind at 17:35│Comments(0)TrackBack(0) 諸行無常のビジネス日誌 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔