2013年07月22日

てか、揺れてないしー

クック海峡でM6.5の地震=首都で負傷者、停電も−ニュージーランド 21日、ウェリントンの酒屋で、地震の揺れにより陳列棚から崩れ落ちた商品(EPA=時事) 【シドニー時事】ニュージーランド政府研究機関GNSサイエンスによると、北島と南島の間に位置するクック海峡で21日午後5時9分(日本時間同2時9分)、マグニチュード(M)6.5の地震があった。海峡に面する北島の首都ウェリントンで1人が負傷したとの情報があるが、死者や深刻な被害は伝えられていない。 震源は、南島セドンの東20キロで、深さ17キロ。この付近では19日にM5.7、21日朝にはM5.8の地震が発生していた。現地の報道によると、ウェリントンの一部で停電。エレベーター内に人が閉じこめられるなどした。建物の窓ガラスが割れて落ち、国会議事堂にもひびが入った。 ウェリントンにある日本大使館によると、日本人の被害は確認されていない。(2013/07/21-18:10)


日本の皆さん、オークランドは全く揺れ無しです。てか、その時間夕焼けの写真撮ってたし。

確かにニュージーランドは地震帯の上にあり、ウェリントンとクライストチャーチは間違いなくその真上。だから揺れて当然。

これはグーグルマップで航空写真にしてもらい、東京に集中している太平洋プレートからずっと南に下っていけばニュージーランドの東側にプレートの帯が見えますが、この帯が太平洋の東側からウェリントンの真下を通りそれからクライストチャーチの下を抜けて南極に向かって降りていくのがわかります。
https://maps.google.co.jp/maps?hl=ja

けどオークランドって地震帯から西に500km離れているんですよね。そいでもって地震が発生したウェリントンってのはオークランドから直線距離で900kmくらい離れているんです。例えば北海道でM6.5地震が起こって東京のコンビニの商品が落ちるのかって話です。

日本人の地震被害好きは良いけど、出来れば現実の距離とかにも演算能力を働かせてもらえば。そんな事より今回の参院選で自民党が圧勝して何が起こるか、その方がよほどみなさんの生活を直撃するかと思います。



tom_eastwind at 23:43│Comments(0)TrackBack(0) 諸行無常のビジネス日誌 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔