2013年10月27日

レモン哀歌

土曜日は昼過ぎから映画観たり本読んだりしてたら段々頭が疲れてきて、夕方6時から夕食も食べずにベッドに入った。だもんで真夜中12時過ぎに目が覚めたらお腹が空いてたけど、今更飯を食うためにベッドを出て上の階にあるキッチンに行くのも面倒、だもんでそのまま寝続けた。

 

そしたらまあ、見ること見ること、次々と夢のロードショーですぜ。あちこちの時代に飛んでいくのだが、どれもリアル。鉄を触った時のザラザラ感とか飛行機が落ちて行く時のGショックとか、これならいちいちDVD買わなくてもいいじゃん、寝た方がよほど楽しいぜと思いつつ朝7時にベッドを出て居間でパソコンを開く。

 

結局合計で13時間ベッドの中にいたのか、などとサンビームのケトルの熱いお湯で作った鉄観音茶を飲みつつ夢を振り返る。ほんと、これだけで筋書きなんて考えなくても作家になれるぞって思うくらい一つ一つが面白い。これも時間のある時に短編小説にしよっと。

 

そうやってお茶を飲みつつ日曜の朝のメールチェックをやっていると、9時過ぎに床をギシギシ鳴らしながらりょうまくんが上がってきた。あ、家の作りは変則的で、坂の途中に作っているので玄関とキッチンと居間が2階にあり1階がベッドルームなので、朝起きたら「キッチンに上がる」という事になる。

 

今日は日曜という事もありメールは少なく50通程度だ。平日は100通以上目を通すので週末のありがたさを感じる。

 

りょうまくんは今日ちょいとゲームセンターに用事があるようで「ね、お父さん、今日は車のペトロール入れるんだよね?、あ、ガソリンだね」と言ってきた。

 

何だ、ちょっと遊びに出たいんだ「じゃ、10時出発だよ」と言って時間通りに家を出て、ゲームセンターにちょっと立ち寄り高速に入ってニューマーケットで降りてガソリンと洗車、その後りょうまくんに車を拭かせている間に隣のジャパンマートでラーメンとお菓子を少し仕入れてから自宅に戻る。

 

今日も空はピーカンで、全くなんだこの青空は!って思うくらい何も考えてないような青空がどこまでも広がっている。

 

そう言えばガソリンを入れたニューマーケットのスタンドでは警察の車が一台とバイクが4台留ってて、ガラスの窓越しに警察官が数名カフェでコーヒーとドーナツ食べてるのが見えた。何で警官って米国でもニュージーランドでもドーナツなのか、そのうち検証しようと思った。

 

けど、検証するも何も自分のお腹が空いている事にそろそろ身体がぎしぎしと文句を言い始めた。考えてみれば土曜日は朝飯食ってない。お昼もちっちゃなゼリー2個食ったくらいで、ほぼ24時間絶食状態であるってのに気づいたのが自宅に到着する寸前。りょうまくんに「おい、KFCどうよ!」って言うと彼もニコッと笑ってレッツゴーとなった。

 

時計の針はそろそろ12時だが行列もなくわりかしさくさくと5分程度で持ち帰りが入手できて、ぼくはと言えばさっとシャワーしてオリジナルレシピにかぶりつきチップスをグレービーに突っ込んで左手一本でバクバクと食い始める。

 

世の中には健康オタクがたくさんおり、彼らは放射線ガイガーカウンターのように料理のカロリーだとか「KFCの油はー」だとか「インスタントラーメンはー」とか言うが、食わなければ人は死ぬという大原則をどこまで理解しているのだろうか?

 

ぼくの場合は、食うか食わないかのレベルで食事をしており、毎日3食出されたものを全部食べてろくに運動もせずにそれでいてカロリー計算をしている人々とは根本的に違う生活をしている。

 

なのに健康オタクは自分の物差しでしか他人を見ず、他人の生活の全体像を理解せず、今注文したKFCにのみ文句を言う、やれ油が多い、健康に悪いだの。

 

ぼくはほぼ毎日運動をして筋肉を使い食事を見た瞬間に脳が「これは食うな」と指示が出たら食べずに残し脳にブドウ糖を送り込み絞り込んでいるから、今も27歳の時に買ったスリーピースを着ている。

 

ちなみに定期健診の一環で先週木曜日に専門医のとこに行って一時間みっちりとチェックをしてもらったら、内臓系すべて触診でOK、腹筋あるよねと驚かれて、その後骨及び筋、関節すべてOK。この時はまっすぐ立ったまま手が床に着くかどうかであったが何の準備もせずにいきなり両手を床に付けたもんだからお医者さんまたもびっくり「運動やってるのか?柔らかいね」と言われた。やってるし。

 

健康オタクの中にはステーキ一枚食べる度に「これで明日は余分に2キロ走らなきゃ」と思う人もいるようだが、動物の中で運動をするのは人間だけであるって考えた事があるだろうか?

 

例えばゴリラが毎日20回腕立て伏せをしてチンパンジーが鉄棒で懸垂してチーターがスクワッドしているだろうか?やってたら是非ともYoutubeUPしてもらいたいものだ。

 

日本の食い物で工業製品に近いインスタントラーメンなどは身体に悪いというしKFCなんて油の塊だしコーラだって炭水化物の化物でコンクリートも溶かすほど悪いってのは知ってる。けど、それでも身体に悪い物一切食わなかったら死ぬって知っているか?

 

健康オタクはKFCと聞いただけでまるで鉄道オタクのように「ポテトのカロリーがどうでチキンの油がどうでー」というが、肝心の本人は何のために生きているのだろうか?肉体を長生きさせる為に智恵を使ってはいるが、肝心の「人は何故生きているのだろうか?」という疑問は無視してるのではないだろうか?江口あんちゃんではないが「そこに精神はあるのか?!」と聞きたい。

 

人はパンのみにて生きるにあらずだ。警察官はドーナツとコーヒーにて生きるようだが、ぼくはラーメンとKFCで幸せだ。もちろんこればかり食べてれば、単なるバカである。自宅できちんと奥さんと娘の手作り料理も食べる。バランスは常に考えている。

 

いいか、健康であることはとっても大事だが、健康でありさえすればよいって事ではない。脳味噌空っぽの健康くらい無駄な人生はないのだ。他人が書いた数字を真に受けてガイガーカウンターを振り回してみたり健康オタクになり栄養がどうのこうのあれがどうのこれがどうの、、、だったら君は仏陀の教えはどこまで学んだの?キリストの主張にどこまで賛成出来るの?生気溌剌とした人生はどうやったら送れるの?

 

随分昔、健康になるために食事量を減らして時には半日断食ってグループの訪問を受けた事がある。話を聞いててそれは当然だし納得したが、だから?てかぼくは普通にやってるので特にそんな気張る話でもないなって思ってたら、あとで彼らは日本でも有名な健康促進団体だって分かった。

 

ほー、今の日本では普通に生きるのがそんなに難しいのか、素直にそう思った。正直、こういう健康オタクが重箱の隅を突き回しているが人間って食う為だけに存在しているのか?って聞きたい。魂に良い食べ物ありますか?って聞きたい。いやさ、健康は大事でありだからいつも気をつけているが、まるで100点か0点しかない、二択しかないような判断はどうなのか?

 

精神、愛情、そういう食い物エネルギーの中には決して存在しないものがどれだけ人を美しくするか、高村光太郎に語ってもらおう。

 

「レモン哀歌」 高村光太郎

そんなにもあなたはレモンを待つてゐた

かなしく白くあかるい死の床で

私の手からとつた一つのレモンを

あなたのきれいな歯ががりりと噛んだ

トパアズいろの香気が立つ

その数滴の天のものなるレモンの汁は

ぱつとあなたの意識を正常にした

あなたの青く澄んだ眼がかすかに笑ふ

わたしの手を握るあなたの力の健康さよ

あなたの咽喉に嵐はあるが

かういふ命の瀬戸ぎはに

智恵子はもとの智恵子となり

生涯の愛を一瞬にかたむけた

それからひと時

昔山巓でしたやうな深呼吸を一つして

あなたの機関ははそれなり止まつた

写真の前に挿した桜の花かげに

すずしく光るレモンを今日も置かう

 *********


この写真はバルカンレーンの一場面です。
2photo

 



tom_eastwind at 16:28│Comments(0)TrackBack(0) 諸行無常のビジネス日誌 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔