2013年11月14日

沖縄の夜は朝に向かう

松山の夜は楽しく、ついつい痛飲してしまった、翌朝の飛行機が10時発であることも忘れて。痛飲の結果として眼が覚めたのが11時・・・アフォですなー、またやったよって感じだ(苦笑)。これ、初めてではないんですよね、結構あります(あはは!)。

 

言い訳をすればここ数日睡眠時間が平均2時間だったので、今日は移動日で夜の会食だけって事で甘えたのか、ホテルのスタッフに電話されてバター!と目が覚めた。

 

でもって荷物をそそくさとまとめていざ出発!となったら、何と財布がない!これは正直生まれて初めてだ。日頃どれだけ酔っても財布と携帯電話だけは肌身離さずだったのに、何故かこの朝だけは携帯電話と電話の裏に張り付いたクレジットカードだけはあったのだが、何故か財布がない。

 

おっかしーな、どこに落としたんだ?そう思いつつベッドの下を探したり冷蔵庫の中を観たり(ぼくは結構おかしい、財布を冷蔵庫に入れたりすることもある)、それでも見つからない。

 

やっべーなー、現金は諦めもつくがクレジットカードの再発行が面倒なんだよなーとか思いつつ、けどもう考えても仕方ねーか、よっしゃ取り敢えずチェックアウトして空港に向かおうって思ってロビーに向かう。

 

そこで何気ない顔で「はーい!おはよ、チェックアウトお願いします」と、生き残ってたカードを見せると、フロントの若い子が少し遠慮げに「あの、もしかして財布落としてません?」と聞かれた。

 

びっくりして「ええ、そうですけど、何で知ってるんですか?」と聞き返すと「あの、財布が8階に落ちてたんです、見回りのスタッフが見つけまして」

 

あ、そうか、おれ、昨日泊まった福岡のホテルの部屋番号に戻ったんだ。でもって財布を出して鍵を出して、使えないからもういっぺん見たら部屋番号が9階になってるのに気づいて上の階に行ったんだー。

 

でもって財布の中にクレジットカードが入ってて、彼らが調べて宿泊者名簿にあるのを気づいて連絡してもらったんだ。

 

いやまー、良いよね日本。沖縄が実質的に日本でないとしてもサービスのレベルは完璧日本です。

 

ホテルで若干のお礼を渡して(仕事ですからってのを無理して受け取ってもらいました)タクシーで空港に向かう。当然ドタキャンであり次のフライトが取れるかな、けど今朝のフライトは100%取消手数料だよなって思いつつカウンターに向かうと、何と幸運、同日の変更は無料との事。これはぼくが予約の際に変更可能な航空券で手配してたからだっての、普段は一番安い変更不能な航空券を買うのに、何故かこの日に限って変更可能にしてたからだ。おれってまさか、酔っ払う事も計算に入れて予約したのかー?(笑)って思うくらいの偶然!

 

でもって新しい航空券を受取り出発ターミナルへ。ロイヤルホストが経営しているレストランでソーキそばとオリオンビールを貰って朝食と昼食を賄う。

 

カウンターがなくて一人でテーブルに座って飯食ってたらどやどやとやって来た関西圏のガキが3匹。キタネー言葉で馬鹿話してて、まるで関東圏に存在するクソオヤジのような古さと知能指数の低さを露呈してた。

 

バカはどこの世界でも何時の時代でも存在するよなー、けど今日は俺の方が飛行機に遅刻して財布なくしただけもっとバカだよなー、なんて思いつつソーキそばを食べる僕でした(苦笑!)。



tom_eastwind at 19:48│Comments(0)TrackBack(0) 諸行無常のビジネス日誌 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔