2014年03月09日

日本に長く居すぎた外国人?

日曜日は朝4時に目が覚めて「ぐっすり寝たなー、よっしゃまた空想の世界に入るぞ」とばかりにもう一夢観る。ほんとにこの夢って面白い。どう考えてもタイムスリップしたかパラレルワールドに飛んだかってしか思えないくらい色んな夢を観る。

 

そのうち小説にしてやろう、そう思いつつ夜明けの7時にベッドを出て今日やることをまとめつつ(ガソリンを入れる、季節のフルーツと牛乳と牛肉と洗濯機用の潜在を買う、冷蔵庫の片付けをする等などそれなりに一仕事だ)適当に「まとめ」を読んでて「外国人が日本に長く居すぎた…と実感するとき」てネタを読む。

 

ぼくからすれば外国に長く住む日本人・・・と実感する時に共通するものがあったので、面白いものを幾つか拾ってみる。*が僕のコメントです。

 

1. 山手線のホームで人波を左右に押し分けながらかいくぐり電車に飛び乗りドアが閉まらないように手で押さえ、その間にかばんを電車に引っ張りこむ。その理由が少なくともあと2分は電車が来ないためだとわかっているとき。

(外国では1時間にたった1本の電車が平気で遅れてくる。ひどいときは数日 遅れる。)

*ニュージーランドの首都であるウェリントンと商都のオークランドを結ぶ電車は11本で自宅から会社までドアtoドアで15分の生活をしていると東京の人の多さと生きる大変さに疲れます・・。

 

3. 自動販売機で、何のためらいもなく紙幣を入れるとき。

(海外の自動販売機はお釣りがきっちり出てくる可能性は10分の1以下で、 壊れている可能性は何十倍もあることから勇気がいる)

*もう一つ言えば日本のように田んぼの端っこに自動販売機を置いてればほぼ10日以内にトラックでかっぱらわれる国があることを知っている事を賢いというべきか寂しいと言うべきか(苦笑)

 

4. 外国人が電車に乗っているのを見て、「わおっ、ガイジンがいるっ」と思うとき。

*これを感じ始めるとほんとに「お、染まったかも」と思う時です。

 

6. 選挙車のスピーカーから騒音・爆音をたれ流されても、「ショーガナイ」と思うとき。

(欧米ではあれほどの騒音は違法なところが大半)

*これを聴くと懐かしくなる俺ってまだ日本人かも〜って感じる瞬間ですね(笑)

 

7. テレビ番組で一番いいのはコマーシャルだなと思うとき。

*そう、本ちゃんの番組の下らなさと比較すれば余程レベルが高いが肝心のテレビを見なくなった今はコマーシャルさえも見ないなー。

 

9. 信号の色のことで青か緑か揉めはじめ、あれは青だと思い始めるとき。

(日本人は青と緑の区別がつかないと思っている人もいる)

*グリーンライトがGO SIGNだと肌で感じ始めて日本で青信号って言われて違和感を感じ始めた時。

 

12. 自分の国に帰ってから、みんなと飲みに行って、全員のビールを注ぎ始めるとき。

(ビールを注いであげるなんてことはない)

*これ、ほんとに難しい。日本から来たお客を迎える際に一番困る場面だ。特に地元レストランで相手がワインをこちらのグラスに注ぐ時に周囲の目が妙に気になるしグラスを捧げ持たずにテーブルに置いたままでは申し訳ないと思いつつけどここでグラス持ったら地元では礼儀知らずだしけど今目の前にいるのが日本人だと持たないと失礼だと思いつつ悩む瞬間がきつい。

 

13. 家が10平方メートルでも広いと思うとき。

(ほっとけ)

*まさに「ほっとけ」ですな(笑)。それにしても品川から恵比寿に向かう住宅街で道路すれすれまで住宅があるのを見るとびっくりするのはニュージーランドに慣れすぎたせいか(笑)?

 

14. 会社の窓の外の景色が「一面コンクリートだらけ!」の代わりに、「意外と緑もある」とか思いはじめるとき。

*これはないな。むしろ高層ビルの高さと窓から見えるビル街が新鮮で、いかにも都会を感じさせる。2月の出張時も三越本店を見下ろすビルのオフィスから景色を楽しんでたら受付の女性に変な顔をされた。

 

17. 自分の国に帰って、喫茶店で「アメリカン・コーヒー」を注文してしまうとき。

*コーヒーではないけどクレジットカードで支払をする時に毎回「一回払いでよろしいですかー?」と明るく聞かれて「それ以外に払い方あるんか?」と思いつつ「はい、お願いします」と言いつつ、あ、そうか、日本ではまだリボ払いが一般的ではないんだと毎回思う事。

 

20. トラックがバックするときに、童謡を流していてもおかしいと思わないとき。

*これ、むしろオークランドで日本から輸入されたトラックが「バックします」とか「右に曲がります」とか日本語でアナウンスしているのを聴いて「キーウィって気にしないのかな?」って思う時。

 

23. 英文学専攻がバカ女を形容するときのオブラートに包んだ言い方だと思うとき。

(英文学というと欧米ではシェークスピアなどの古典にも強く才女のイメージ であるが、こちらで英文学科というとシェークスピアの一節も言える女が居ないらしい)

*ニュージーランドにはパーティ学部というのがあるってのを知って笑えた時。

 

28. 赤の反対は白なんだと思うとき。

*実際は何なんだ?知ってるキーウィって少ないと思う。

 

31. 大事な年を平成や昭和の年号で覚え始めるとき。

*これ逆に、平成の年号が全く分からなくなっている現在「おい、西暦で書けよ」と言いたくなる自分がいる。

 

他にも面白いのが続く。日曜日の午後を楽しんでください♪

 

45. 「ノー」を伝えるとき、鼻の上で手を左右に振るとき。

 

46. 店でクリスマスソングを聞いてもセンチメンタルな気分にならないとき。

 

47. 趣味は「ドライブ」と言い始めるとき。

 

48. 濡れた傘には店の入り口で配布しているコンドームが必要だと思うとき。

 

49. 12月の日曜日は全て忘年会の二日酔いの回復のために用意されていると思うとき。

 

50. クリスマスイブにケーキを買い始めるようになったとき。

(欧米ではケーキではなくクリスマス・プディングが主流)

 

51. 吐くまで飲むのを楽しむとき。

 

52. 胸の谷間を見て、うわっとか思うとき。

 

53. お昼の弁当は昨日の残りで、器がハローキティでも普通と思うとき。

 

54. ビール1缶の値段が1ケースの値段と同じことがあっても不思議に思わないとき。

(初めて知らない飲み屋に行くとショックを受けるのだと思われます)

 

55. 一つの会話につき3回ずつ謝罪している自分に気付くとき。

 

56. どんな小さな行為でも「がんばる」とか言い出すとき。

 

57. 片手チョップスタイルと連続お辞儀が混雑を通り抜ける手段だと思い始めるとき。

 

58. 買い物している間の30分間、車のエンジンをつけっぱなしにし始めるとき。

 

59. 外人の知り合いにまで血液型を聞き出すとき。

 

60. 「英語」と「英会話」の細かい差を見出すとき。

 

61. 自国に帰ったときにタクシーのドアが開くまで待ってしまうとき。

 

62. 阪神タイガースの試合チケットを買って六甲おろしの練習をするとき。

 

63. 外人だけが集まるパーティで、誰かが乾杯を言うのを待ってしまうとき。

 

64. 本屋に雑誌を読むために行き、読むだけ読んだら棚に戻しても疑問に思わないとき。

(海外の本屋は買うところで、立ち読みし放題ということがないのが普通)

 

65. 1個だけの袋詰めされたジャガイモを買い始めたとき。

 

66. 旅行のスーツケースの半分をお土産のスペースに使い始めるとき。

 

67. 外人がいっぱいのバーに行って危険を感じるとき。

 

68. 単語にアンダーラインを引くのに定規を出すとき。

 

69. 日本の何もかもがノーマルに思えるとき。

 

Will's Home page:You've Been In Japan Too Long When...,ThinRope.net:You know you've been in Japan too long when...,gadling.com: 33 Reasons Why You've Been in Japan Too Long より抜粋、意訳、改変、その他記憶より



tom_eastwind at 14:17│Comments(0)TrackBack(0) 諸行無常のビジネス日誌 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔