2014年08月27日

東京1977

ブログ3日書けてない。東京ってのは本当に忙しい街だ。オークランドで仕事をしていると周囲がゆっくり落ち着いてて個人生活を優先して人々が時間に余裕があるから残業する事もなく毎日定時に自宅に帰り家族で毎日食事が出来る。

 

そういう社会精神インフラ自体が国民共有の考えだから一人だけ夜中まで働いてもばかみたいな気持ちになるだけで仕事は進まない。

 

これが東京だと街全体が24時間寝てない街のようだからすべての予定が平気で「じゃあ夜8時から会議しませんか」とか「じゃあ明日食事しましょう、仕事が終わるのは多分9時なのでその頃にどこかで会いませんか」となる。

 

東京のレストランでも昭和の昔は夜の8時からなんて予約はなかったような記憶がある。それとも僕だけがいつも規則正しく6時から屋台で飯食ってたのかな(苦笑)。

 

それでも東京のほうが確かにがんばった分だけ成果が出る街だからやる気があってどんどん上昇したい人には最高の街だろう。24時間働ける街であるからそりゃ楽しい。けどもし幸せの価値を自分の社会的地位やお金に求めない人にとっては24時間ベースで仕事をする街はちょっと苦しいだろうな。

 

こんなにバタバタしていると時々今ぼくがどこにいるのか不明になる事がある(苦笑)。

 

あは、ぼくは今オークランドでしょうか東京でしょうか?みたいな感じ。東京のホテルのベッドの中で朝4時頃からその日の仕事の進め方とか考え始めて始めて朝7時にご飯食べに部屋のドアを開けたらホテルの廊下が見えて「あれ、景色違う、俺って今オークランドじゃなかったっけ?」なんて感じ(笑)。

 

ただまあ幸運なのはぼくの脳みそは常に現地時間に馴染み時差がないので到着したその日から全開で仕事ができる事だ。

 

今日は朝9時からホテル内で弁護士を入れた会議を行いこれから約5日間の予定を全部確認。ただここでも飛び込みの約束が次々と入ってくる。オークランドベースのキーウィビジネスマンから突然連絡が来て「おい、おれ今東京なんだ、今晩会わないか」みたいのから、逆に会議の最中に「あ、そう言えばこの案件の担当者、今東京に来てるはずだ、連絡してみよう」とその場でメールを送りその場で返事が来て「よっしゃ、明日の夜に予定をいれよう」ってな感じで、キーウィなのに東京にいる時は突然働き虫になる(苦笑)。

 

キーウィからすれば折角の出張なのでこの期間中は土日週末夜中に関係なくまとめて仕事を詰め込んで実績作ろうって事なのかな、日頃の働きぶり?を知っている僕からすれば興味深い(苦笑)。

 

ただキーウィに限らず英国連邦系からしても出来るだけ週末は自宅で家族と過ごしたいわけで彼らは平日はホテルに泊まるが週末は自宅に帰る。だからNZでも週末のホテルはビジネスマンが泊まらないのでいろいろとキャンペーンをやる。

 

ところが僕の東京の定宿は平日は朝食レストランではパワーブレックファーストで賑やかだが彼らは土曜日の午後にはいなくなり土曜日の午後から日本人の家族やカップルが急増するので回転率が良い。

 

日本人からすれば週末くらいはホテルで少しリラックスしたいって気持ち、週末は自宅に帰りたい西欧人、上手くバランスが取れて稼働率が高い。今の稼働率は90%を超しているのではないかと思う。

 

そんな事を思いつつ今日もまた東京ベースで一日を過ごす。東京にいると、とにかくすべてがでっかいなー、出張で行くには良いけど、住むにはきついかなー、なんて思いつつ今日が始まる。



tom_eastwind at 18:19│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔