2014年10月26日

原理主義者

僕は糖質制限原理主義者ではない。まるで禅寺の坊主のような断食などにも興味はない。ただ糖質制限をやってみると即効でみるみる体調が良くなったので継続しているだけだ。

 

1日一食は食ってる。朝は水を飲むと丁度気持ちよく昼は忙しくて食べる暇がなく、けど夜はしっかりフルーツと肉と野菜を食べており胃腸が気持ち良い。何より朝の二日酔いがないのがとても良い(笑)!

 

それに最近は休日のお昼にバタバタして何か速攻で食えるものってんで即席麺なんかも買いためて時々食べてる。これはこれでそれなりにやっぱり便利だな。2月以降約40年の「即席麺を食う」習慣をぱったりと止めてたが、原理主義者でもあるまいし糖質が多いからって一切食わなけりゃ餓死するわけで、そんな「主義者」ではない。

 

まさに日本人が忙しくなった昭和30年代に発明された頃の気持ちで食ってるが、2月以前のような懐かしさがないのが体質変化の証明かな。即席麺一つが大体60g前後で160グラムがしっかりパターンとの事でおお、おれは病気治療しているのか???おっかしいな、おれは3ヶ月毎に血液検査やって尿酸値は見事に基準値だぞ(笑)。

 

ははは、どうでもよいが原理主義者ではないので空腹で体壊すよりも少しくらい糖質があってもいいやと思って今日はエースコックのワンタンメンに海苔と卵を落としたのを食う。

 

***

しっかりパターン(糖尿病治療が目的の人) 1日60/糖質量  1回の食事の糖質量 20g未満

 

ノーマルパターン(血糖値を下げたい人) 1100/糖質量  1回の食事の糖質量  3040g未満

 

マイルドパターン(ダイエットが目的の人) 1180/糖質量  1回の食事の糖質量  5060g未満

***

 

さて今日は転職の話で面白いブログを見つけた。

http://blogos.com/article/97233/forum/

 

人間にはすべて個性と体質があるので何が合うか合わないかは本人次第である。一番馬鹿らしいのは他人に言われたことを真に受けて苦しいのに一生懸命やって結局病気になったりする人である。

 

これはほんとにみっともない。昔話でも、老人と子供とロバの話があった。周囲に振り回された挙句に結局何も生産的なものは残らないっていう、お馬鹿な話である。

 

転職も同様で転職未経験者からも「大いに納得かつ共感」「ああ耳が痛い」「もっと経験買わなきゃ」という声があがる一方で、「年収が下がる転職」には簡単に踏み切れない、という意見も少なくない。

「ごめん、無理ー」「霞食っては生きられないよ」
「なかなかそうもいかんでしょ、現実的に考えると」
「泥水飲みに行って失敗するリスクを軽視しすぎじゃ」
「茹でガエルな俺←だが、鍋から飛び出してもアスファルトで干からびガエルになる予想がー」

総合商社の孫会社で中間管理職を務めるという人は、NewsPicksに「凡人はせっかく乗れたレールから逸脱しない方が結局得なケースがほとんど」とコメント。

 

これも分るなー。人間って所詮は集団の中で生きている。それぞれ得意とするものも違う。そんな中で一人の人間に全ての面での完璧を求めることは間違いで転職も同様、出来る人と出来ない人がいるわけだ。

 

うちの社内でもよくある話で、経営判断は出来ないけど社内ランチルームのご飯を毎日きちんと炊いて副食も用意してくれるスタッフも大事だ。ぼくは経営判断をする、スタッフは社員の食べ物を用意する、これで適材適所である。

 

大事なのは自分に合った職場か?自分に合った仕事か、であろう。皆が自分を必要としてくれる職場は大事である。だって皆と仲良くやれるんだもん。転職も同様で、何か自分がとても優秀で今の会社では評価されないからもっと良い会社に転職なんて言っても自分の勘違いの場合もある。

 

転職は移住にも繋がる。よく見かけるのが、随分自信あり気な顔でにやっとして「おれ、大丈夫っす、現地にキーウィの友達がいてワークビザもらえるんで、おたくのサービス不要ですから〜自分で出来るもんね」なんて思ってニュージーランドにやってきても、そのキーウィは英語もまともに喋れない、自分にとって何の利益もない日本人なんて雇うはずもない、所詮はリップサービスでしかないのにそれを真に受けて家族全員でやってきて、蓋を開けば「あれー?」って話である。

 

大事なのは、自分は誰なのか何なのか何が出来るのか、本当に周りからどのような評価を受けているのか、それを客観的に考える力があるかどうかだ。もし自分を客観的に考える力がないのなら、転職も移住も止めた方が良い。

 

転職せずにゆでガエルになるにしても、茹でられるまでの時間はあなたの味方だ。深鍋と言えどまだ熱くなってないのに飛び出して、落ちた先が真っ赤に燃えてるフライパンでは洒落にもならない。



tom_eastwind at 16:36│Comments(0)TrackBack(0) 諸行無常のビジネス日誌 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔