2015年08月28日

変化する日本

今日から東京で個人面談開始。様々な背景を持つ様々な人々と話をするわけでその度に頭を切り替えていく。

 

それにしても日本ではおかしな犯罪が増えている。大阪の中1二人が殺された事件でもあれは経済犯ではない。殺した方は相手は誰でも良かったのか?殺った方は「自分にこの先はない、やけっぱち、やっちまえ!世の中の二極化固定化を肌感覚で思い知る瞬間だ。格差犯罪。

 

新幹線で焼身自殺したのも今はニュースだが、下流老人が増えてくるに従ってやけっぱちになった老人が周囲を巻き込んだ犯罪を起こすだろう。勿論90%の老人は大人しく孤独死するだろうが10%の老人が犯罪を犯せばそりゃすごい話で最初はニュースになるがそのうち犬が人間を噛んだとか山手線ダイブと同様にニュースにもならなくなるだろう、老人犯罪。

 

中国の変動も「やはり」という感じである。どこから来るかと思ってたらそっちですか、けどこれは中国の他の分野に飛び火する可能性が高くまだまだ注意する必要がある。

 

そして環境。中国からの大気汚染は公害であり確実に日本人全員の体を蝕んでいる。体力があれば乗り越えられるがそうでなければ長期的に体内に水銀などの毒素を溜め込んで発病するがその時はもう遅い。

 

2020年に向けて日本が変化していくが「川の流れは絶えずしてしかも元の水にあらず」で、そこに日本人はいるけどそれは以前いた日本人ではないという事になる。

 

普通のサラリーマンをしているとニュースとして見ることはあっても自分が巻き込まれることはないと思っている。新橋のガード下の焼き鳥屋のサラリーマンネタでしかないが間違いなく今の日本は変貌している、それも急激に。

 

日本に住んでいると毎日の変化の幅が小さいので気づかないが定点観測で見ているとこの変化の早さにびっくりする。

 

安保法案然り消費税然り財産税然り、政府が労働組合の代わりに賃上げを主導して民主党が自民党に反対して労働組合が政府批判を繰り広げて、一気に世の中が変化している。丁度1930年代後半の日本のようだ。

 

明日は説明会と個人面談だ。早く寝よっと。



tom_eastwind at 22:35│Comments(0)TrackBack(0) 諸行無常のビジネス日誌 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔