2015年12月08日

喘息

***

北京の大気汚染、初の「赤色」警報 幼稚園や小中学校に休校を勧告

 

 北京市当局は7日、重度の大気汚染が72時間以上続く時に発令する最も深刻な警報「赤色」を発令した。2013年10月に4段階の警報を設定して以降、赤色警報が出されるのは初めて。

 

 北京では11月以降、深刻な大気汚染が発生。米大使館のウェブサイトによると、7日正午の「PM2・5」を含む汚染指数は「健康に極めて悪い」レベルの242を記録した。

 

 当局は幼稚園や小中学校に休校を勧告。市民に公共交通機関の利用を奨励して7日から3日間はバスを毎日約3600便増やし、8日朝から車のナンバーを奇数と偶数に分けて行う日替わりの通行制限を実施する。

http://www.sanspo.com/geino/news/20151208/sot15120805010004-n1.html

***

 

中国政府が公認するほど健康に極めて悪いレベル?つまり普通に外を歩くと健康が悪くなる?人によって時期や症状は違うのだろうがこれから様々な病気が発生するだろう。

 

しかしその汚れた空気を大陸からそのまま送り込まれてる日本列島も位置的に困ったものだ。大きな扇風機を作って送り返せないものか。

 

日本の説明会では世界の空気の汚染度を表すカラー図を使っている。一番汚いのは黒で一番綺麗なのが濃青だ。

 

季節によって4枚に分かれているがこの地図を見ると世界の中で唯一日本を含む東アジアだけ、つまり中国がほぼ黒い赤で日本も季節によって黒い赤になっているのが分かる。

 

これ、完全に大気汚染による公害ですぜ、中国では北京で国慶節パレード等外国の要人が集まる場合は近くの工場を強制的に休業させたりしているが、日本では何で誰も手を打とうとしないんだろう。

 

PM2.5 とか名前だけ知って偉くなった気分でマスクしているけど、あなた今1960年代の四日市にいるようなものですよ。それとも誰も訴えないから僕も訴えないって言う横並び大好き症候群なのか?

 

けど自分の子供がぜんそくになってからではもう遅い。発作が起こると息ができない程苦しくて場合によっては死に至る病気である。なのにマスクだけで良いのか?

 

***

四日市ぜんそく(よっかいちぜんそく)は、三重県四日市市(塩浜地区を中心とする四日市市南部地域・四日市市中部地域)[1]と、南側に隣接する三重郡楠町(現:四日市市)[2]で、高度経済成長期の1960(昭和35年)から1972(昭和47年)にかけて政治問題化した四日市コンビナートから発生した大気汚染による集団喘息障害である

https://ja.wikipedia.org/wiki/四日市ぜんそく

***

症状[編集]

気管支炎や気管支ぜんそくや咽喉頭炎など呼吸器疾患になる。大気汚染による慢性閉塞性肺疾患であり、息苦しくて、喉が痛み、激しい喘息の発作が起こる。症状がひどいと呼吸困難から死に至る。心臓発作肺気腫肺がん)を併発する場合もある。

 

塩浜中学校3年の女子生徒の公害病死

19671026日には、七ツ屋町〔三菱油化に隣接〕に住んでいる公害病認定患者の塩浜中学校3年生の女子生徒が、紙片に「家に帰りたい」と最後の言葉を残して四日市公害の影響で病死した。

 

東京都への修学旅行に行く事で「塩浜よりきれいな空気が吸える」と楽しみにしていた修学旅行の直前の1026日午前1時に喘息による心臓発作で呼吸困難となって15才の若さで病死した。その事で、19671031日の吉田茂元総理大臣の国葬の同日に1500人の四日市市民によって大規模な追悼集会が開かれて「彼女が死んだなんて言うな殺されたのだ」のプラカードが掲げられた[76]

 

海蔵小学校1年生の男子児童の公害病死

さらに公害死者の最年少記録を更新した事と、塩浜地区以外の地区の死亡児童となった四日市市立海蔵小学校1年生(7歳)の男子が1970115日に入院と通院を繰り返しながら酸素テントに入りきりの状態で呼吸が困難となって死亡した[77]。気管支ぜんそくによる「急性呼吸不全」だった。

 

乳児死亡率統計[編集]

     年間の平均乳児死亡率の統計

     1000人に対して何人かの割合(昭和42年度の統計)

1                     塩浜地区 の乳児死亡率: 36.1

2                     四日市市全体の乳児死亡率: 25.6

3                     全国平均の乳児死亡率: 18.1

昭和35年までの乳児死亡率は全国平均以下だった[92][93]

***


1960年代といえば日本では55年も前のことだからもう忘れたとでもなるんだろうか?それとも今日が忙しいから仕方ないのか。それとも誰も何も言わないからいいのか(笑)?

 

中国からの移民が増えるのも、こうなると理由の1つが分かるような気がした。政府によるきつね狩りを逃れたとしても子供が大気汚染の被害者になるのだから。



tom_eastwind at 14:20│Comments(0)TrackBack(0) 諸行無常のビジネス日誌 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔