2016年02月15日

明日からマイナス金利導入

いよいよマイナス金利導入となった。安倍政権では3本の矢でアベノミクスを開始して円安と株高を招きこれは良かった。しかしその後が続かなかった。

 

本来やるべき国家の経済構造改革には既得権益団体に阻まれ手を付けられず物価を2%上昇させますと宣言した副総裁がこけて、ほんの一部の人だけにお金が回る現象が起こった。

 

テレビでは景気の良い話も出るが実体経済は冷え込んだままで、殆どの人々は10円でも安い商品を探して人々は街を歩きまわる。

 

政府が希望するのは実体経済の成長と賃上げによる消費増加である。ところが長年の構造不況で経済は冷え込み人々はすでに必要な物は持っているからモノを買わない。内需が成長しないのだからどうしようもない。

 

外需は?これは取れた。ただ円安で利益を得た大企業は内部留保で従業員の賃上げに回らず中小企業には勿論全然回らず、ここに来てアベノミクスのトリクルダウンは一気に枯山水になった。

 

内需を生み出すには若者がリスクを取って起業して政府が起業を後押しすべきだが実際に起業して頑張ったら政府に潰され刑務所に放り込まれる時代である。一体誰が起業なんてするものか、サラリーマンにしがみつくのみである。

 

政府は口だけ起業、生意気言えば刑務所送り、そんな状態で新しい活力が生まれるわけもない。

 

政府は実体経済のテコ入れをしようとしてもなかなか浮上せず。要するに規制緩和すればよいのだがそこは既得権益が壁を作っている。ついには企業に対して賃上げ要請を繰り返すが実質賃金はマイナスだ。

 

そこで政府が思いついたのがマイナス金利の導入である。

全く次から次へとよく思いつくが、最初が黒田バズーカ、次にQEで日本を金余りにさせて日銀は政府が発行する国債を買い銀行に自由になるカネを持たせたらこれが民間融資に回らず日銀にブタ積み。

 

そこでマイナス金利の導入でとにかく設備投資と賃上げで世の中の景気を引き上げようとしている。

 

とにかく銀行にカネ預けても何の利息も生みませんよ、食料品物価が上昇して消費税が増税でその分どうやってカバーするんですか?株に投資しなさい、政府の声が聴こえる。

 

ところがそれでNISAをやった人々は年始からの株価下落で大変な騒ぎになっている。

 

マイナス金利、これ今の日本で国民資産を動かそうとするには無理筋だな。今までお上は民に何も教えずただひたすら銀行に預けるように誘導して実際に個人資産の多くは銀行預金となった。

 

今になって突然その銀行預金はよくないよ、株に投資しなさいってやっても顧客には何の知識もない。個人資産は株式市場と言う賭場でどんどんプロの投資家に奪われていくだけだ。

 

マイナス金利。今まで行ってきた政策と同様に実質的な経済成長を生まないままずぶずぶと金余りが続く。何も生まないというのは語弊がある。実際には多くの札束があちこちに生まれており、これが何を生み出すかが見ものであるが、一般的にはバブルを生む。

 

最初は株バブルから東京の一部の土地にオリンピックバブルが繋がりある日突然土地バブルでインフレーションを起こす可能性がある。

 

しかしそれは一部の人々の中だけで回るお金であり実質経済成長にはつながらない。それでも安倍政権にとっては見かけだけでも経済が活性化されることが命綱である。だからこそのマイナス金利だ。世界の金融マフィアが日本を観ている。これは半年くらいで物凄い金融の「不可逆的な流れ」を作るだろう。振り回されるのはいつも庶民である。



tom_eastwind at 19:45│Comments(0)TrackBack(0) 諸行無常のビジネス日誌 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔