2016年04月27日

ざU-don

ちょっと話は戻るけど今回関空に到着した時お腹が空いてて出発ターミナルのレストラン街に行った。荷物を積んだトロリーを押しながらお店を観てると小綺麗なうどん屋さんがあり何やら朝早いのにお客さんが入ってる。

 

じゃあいいやここにしようと決めて荷物を外に置いて清潔そうな店内に入る。20席程度の店は入り口プレートを取って讃岐うどんを注文して、そこに天ぷらやおでんやおにぎりを組み合わせて食べるスタイル。

 

でもってふとよく観るとお客さん、何と殆どがモスリムだ。男女関係なく日本風のうどんを食べておりそこでキッチンを観ると、おお、この店ハラール認証を得ているのですね。

 

皆さん美味しそうに、中には追加で天ぷらかごの中の鶏天を買ったりしてて雰囲気良かった。

 

マレーシアからの観光客は日本に興味を持ってくれてるが何せ食べ物や祈祷室の問題でなかなか日本に観光旅行というわけにはいかなかった。

 

けれどこれから日本がインバウンドを取りに行くのならイナゴのようにやって来てある日突然消え去って市場がゼロになる可能性がある中国よりもマレーシア、インドネシアなどから安定した数が旅行に来てくれる方が良い。

 

以前日経ビジネスでも読んだがスキー場がスキーをしないモスリムに雪を楽しんでもらう企画を作っている。

 

何せ日本に到着して空腹の一杯なので料理は美味しく店内は清潔でありモスリムも食事が出来るようになっているのはうれしくなった。



tom_eastwind at 12:04│Comments(0)TrackBack(0) 諸行無常のビジネス日誌 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔