2016年05月27日

技能移民永住権取得

ある技能移民永住権審査がほんの数日で終了して永住権が発行された。たった今、今日のことである。

 

数日というのも極端に短いが申請時の書類をガチガチに固めておりワークビザ期間中も就労に問題がなかったからだろう。

 

日本から来る最近の日本人のパターンは英語勉強で学生ビザ、専門学校2年経験してジョブサーチングビザ、就職先確保、2年程度働いて永住権申請という道程が目立つ。

 

学生ビザから永住権取得までは45年程度かかる。この間にルールが変わらなければ良いのだが移民局のルール変更は日常茶飯事である。

 

学生ビザの期間中はお金が出て行くばかりでありそこにルール変更など出てきたら大変な騒ぎだ。

 

しかしルール変更に文句をいうことは出来ない。移民局がルールを作るからだ。永住権が取れた人を横目に見ながら自分はルール変更にひっかかるなんてと思っても仕方ない。

 

結局何事もそうであるが、思いついたらとっとと実行する事である。

 

勿論きちんと準備をして自分の計画に問題ないか確認する必要はあるが、行くとなればその日の夕方ではなくその日の朝に行動すべきなのだ。

 

ほんのちょっとの違いと思うかもしれないが現場でずっと仕事をして来て分かるのは世の中って理屈だけじゃない、何か運のようなものがあると感じている。

 

だからどのようなビザであれ、申告出来る状況になればすぐに行う事である。とりあえず何かのビザを取得して永住権に向けて進む。

動けるとなればすぐに行動する、その行動が運を呼び込む。それが自分の人生に影響を与えるのである。



tom_eastwind at 10:35│Comments(0)TrackBack(0) 諸行無常のビジネス日誌 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔