2016年08月10日

リオ・オリンピックNZラグビーセブンス

ニュージーランドの今朝のニュースでNZ代表セブンスが負けたとの大ニュース。国民からは「何だこりゃ!がっかり」のコメントの連続である。

 

そりゃそうだろう、負けた相手が格下の日本なんだから。ソニー・ウィリアムズを送り込んで「お、本腰ではないか」と思ってたのに、日本に揺さぶられっぱなしとのこと。

 

そうは言っても殆ど同点のままだからなんて言い訳は通用しない。負けは負けなのだ。日本チームに対する意見は「うん、日本はよく頑張った」であり悔し紛れに文句を言うお国柄ではない。

 

しかし負けた身内に対しては厳しい。そりゃそうだリオまで応援に行ってたキーウィ応援団からすれば「ほんとにがっかり」とのコメントの連発である。

 

しかし底抜けに明るいキーウィだから「よっしゃ、次行こう!」って気持ちになっているのだろう。

 

この国のスポーツへの関心は非常に高く、ちっちゃい子供の頃からヨット、乗馬、ラグビーなど様々なスポーツを学校でも家庭でも普通に教える。だからだろう、体が覚えているから動きが良いのだと思う。

 

人口400万人のこの国で今回どれだけメダルが取れるか分からないがとにかく楽しんで勝つという事が徹底されているのは良いことである。

 

そして日本は昨日に引き続きニュースに出たことになる。天皇とラグビー。キーウィに対して好印象になる明るくて良い話題で良かった。



tom_eastwind at 14:23│Comments(0)TrackBack(0) 諸行無常のビジネス日誌 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔