2017年01月27日

1月も終わり

オークランドに戻ってみると、今年が始まってまだ12分の1も終わってないがまるでお正月がはるか彼方の大過去だったような感じがする。

 

カレンダーを観てみると去年末から長期クリスマス休暇に入ったが今年は自宅にずっといてこれから2年で起こる日本の社会変化に合わせて戦略と戦術を組み立ててた。

 

細かい事象や突発事故は読めないが逆に言えばそのレベルの問題は世の中を5年単位で変化させることはない。その上の、全人類の望む方向と選択肢の中で「次はどれが来るか?」が読みである。

 

世界はどう多極化するのか、いつの歴史が次は繰り返されるのか?日本は戦前に戻るのは観えている。米国は孤立主義に戻る。そうなると中国と日本の関係は?

 

まだ中国の不確定要素は大きいが、けどこれをある程度でもやっておかないと毎日の仕事に小突き回されるように流されるだけで正しい方向に進むことが出来ないからだ。

 

111日に会社再開して4営業日後には香港行きの飛行機に乗っていた。

 

119日からは東京滞在で個人面談を行い125日の飛行機でオークランドに戻り自宅に到着したのが26日の夕方。出張時の荷物をカバンから取り出して整理して寝る頃には時計の針は11時過ぎだ。

 

127日金曜日に通常通りに出社して机の上の書類整理や出張の件で内部打ち合わせ、メール対応などで一日が終わりこれで1月最後の仕事が終わる。

 

そしてやっと明日からオークランドは三連休に入るがこれも2月以降に続く案件があり休んでいられない。なので感覚的には1月は「お正月が大過去」になってしまったようである。

 

そうは言っても明日は中国の旧正月。これもこれで個人的にやることがあるので今週末は公私共に忙しくなりそうだ。

 

さあ、今年は日本人雇用を創り出すぞ。



tom_eastwind at 17:40│Comments(0)TrackBack(0)諸行無常のビジネス日誌 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔