2017年03月11日

南スーダン及び森友学園、撤収

今日は賑やかな話の連続だ。自衛隊の南スーダン撤収記事が賑わいである。そして森友学園も学校建設撤収の報道。

 

国会では稲田防衛大臣の火消しで安倍首相が代弁したり嫁さんの不始末の森友学園問題で大声出したり本当に忙しい首相であったが、これでまずはどちらも一息ついたようなものだ。

 

南スーダンは元々が現在の自衛隊の目的から考えれば無理筋の派遣であり一人でも自衛隊員が死亡すればそれこそ国会で安倍政権が叩き潰されてしまう。その前に決断をすることが出来て安倍政権としてはほっと一息であろう。

 

安倍首相が日本を普通に戦争出来る国にしたいのは分かるが現在の国民の意識としてはあくまで防衛戦争であり外で防衛戦争やる時も精々が東南アジア防衛である。南スーダンは遠すぎる。

 

森友学園事件については安倍首相も腹立たしい限りであろう。嫁さんも首相夫人なんだから布袋寅泰にキスしたり派手好きなのは分かるが少しはじっとしてろってとこだろう。

 

野党としては賄賂問題で追求したいとこだろうがどうもそこはなさそうだ。安倍首相としてもたかが田舎の学校一つでヤバイことはしないだろう。だからこそ国会では賄賂もらっていたなんて事実が出てきたら首相辞めますよと堂々と言えたのだろう。

 

安倍一強政権、まだまだ続きそうだ。



tom_eastwind at 13:22│Comments(0)TrackBack(0)諸行無常のビジネス日誌 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔