2017年04月01日

サマータイム

最近寝室の外の林から聴こえる鳥の鳴き声が夜明け前から聴こえる。

 

サマータイムの終わりが近づいているのだ。普段なら午前6時過ぎから明るくなるのだけどサマータイム中は1時間早くなるので普段の午前6時が午前7時になる。なのでサマータイム中の午前7時は普段の午前6時であるが夏場は日照時間が伸びるので午前6時でも十分に明るくなる。

 

ん?合ってるか?サマータイムの理屈はよく分からんがとにかく夜明け前に鳥が鳴き出す。

 

けれどサマータイムの終わりに近づくと日照時間が短くなり午前7時でもまだ少し薄暗い感じになる。

 

これがクイーンズタウンだと夏場の朝は6時前から明るく夜も9時頃まで明るいので夕食にワインを飲むのも何だか昼間から飲んでいるようで気が引ける。

 

今年は42日でサマータイムが終了する。4月に入ると通常の時間帯に戻るので日本との時差は3時間になる。

 

そして午前7時はサマータイム時の午前8時なので明日から外は十分に明るくなり鳥の鳴き声も日の出の寸前からという事になる。

 

さあこれからは冬時間、てか通常の時間に戻る。オークランドはそろそろ冬が始まることになる。毎年「今年は暑い」とか「特別寒い」とか言うけどいつものように季節が変わる。

 

さあ、働こう。

 

PS

ところでサマータイムは歌にするとジャニス・ジョプリンの名曲で夜一人で暗い部屋にいる時に聴くとまるでライブハウスにいてジャニスが目の前で歌ってるような感覚になる。

 

ロックやブルースが嫌いな人にはお勧め出来ませんが、どろどろとした裏側の音が気にならない人には是非とも聴いてもらいたい歌です。BARBEE BOYSよりも憂歌団に近いです。



tom_eastwind at 18:17│Comments(0)TrackBack(0)諸行無常のビジネス日誌 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔