2017年06月19日

日本式カレー

先週から今週にかけてカレーの試食会が続いている。実は4月からシティ図書館前にテイクアウェイ専門のフジキンカレーショップを出しておりプレインカレー5ドルでトッピング3ドルだ。

 

野菜カレーなど今はどのようなジャパニーズカレーの味が地元の人の好みなのか、色々と試行錯誤しているところだ。

 

今日は不動産関連の外部の取引先4人に来て頂き彼らから観た「日式加厘」を試してもらう。カレーはフジキン店舗で出すものと屋台で出すものに分かれるがまずはトッピング。

 

カレーソースは普通の辛さにしてトッピングにチキンカツ、白身魚フライ、イカフライ、半熟卵、ほうれん草、ハンバーグ等などを並べて食べてもらう。

 

先週から今週にかけて一番人気はハンバーグである。その次が白身魚フライ。やはりこちらの人はカレーのトッピングに揚げ物があると喜ぶ傾向にあるが実はハンバーグの方が美味しいことに気づく。

 

それから半熟玉子が面白い。最初の読みでは「英国人の血を引くキーウィ白人が半熟玉子なんて食うわけがない」とか「中国人は玉子を生で食べる習慣事態がない」とかで忌諱されるかと思ったら、何のことはない皆さん普通にするっと美味しそうに食べてくれる。

 

英国人の場合は玉子は硬いゆで卵しかないわけだし中国人は火を通さない料理や冷たい料理は文化として食べない。

 

ところが面白いのは彼ら外国人が日本で新幹線に乗って一番喜ぶのが冷たい駅弁である。「何だこの味は?!」「冷たいのに美味しいぞ!」。

 

そう、日本の駅弁文化は実はすごいのだ。冷たい米を絶対に食べない中国人が日本の冷たい米を旨いと言って食うわけで、日本人はもっと駅弁文化に誇りを持ってよいと思う。

 

でもってカレーに話を戻すと、やはりいちばん口うるさいのは日本人、それも当社社員だ。言いたい放題である。

 

最初はほうれん草をトッピングにするために別皿に盛り付けて出したら「カレーソースが冷たくなるからカレーに入れろ」

次の日にカレーにほうれん草を入れて出したら「煮込め。ほうれん草カレーにしろ」

煮込んでしまえばトッピングじゃないよね?

 

玉子に至っては半熟卵ではなくポーチドエッグにしろとか、でも結局半熟卵のほうが美味しいと分かる。

 

日本人の場合多くは子供の頃から日本式カレーを食べている。おまけにバブル以降20年来のデフレでカレーの値段も上がってない。そしていつも消費者として文句と贅沢を並べる。挙句の果てに自分の担当でない部門の話だから文句が言いやすい。

 

全く困ったものであるが幸運なのはこのカレーのターゲットはオークランドに数少ない日本人ではなくオークランドに数多い中国、韓国、キーウィであるのでメインターゲットの試食評価に耳を傾ける事にする。

 

中国人の場合、カレーソースをたっぷりとかける習慣がないようで皆ソースを半分くらい残していた。けどおかずは全部美味しいようで見事に完食である。あれ、結構量があるんだけど、すごいな。

 

これが日本人だと、ある人は「何よ、ソースが少ないわねー」と文句を言ってソースを無料で追加する。でもってソースが増えると今度は「ご飯が少ない、ご飯無料で頂戴」となる。でもって結局普通サイズの値段で何時の間にか大盛りになる・・・。

 

キーウィは実はカレー好きなのか、今までもフジキンランチでよく出るメニューがカレーである。あんな、お米にどろどろのソースをかけたものを英国紳士が食うのかと思ったけど、考えてみれば日本式カレーの起源は英国式カレーである。

 

インドを植民地とした英国人がインド人が食べてるものを観て「これは何か?」と聴いた。するとインド人は「CURRY」と言ったがその意味は「スパイスで煮込んだ具材だよ」でありカレーと言う料理は存在しない。

 

けどこれが語源となって英国にカレーのレシピが持ち帰られてCB(クロス&ブラックウェル)カレーが出来てカレー粉を販売するようになった。

 

このカレー粉が明治維新で日本に入ってきて国産でカレー粉に挑戦したのがエスビー食品である。つまりC&BS&Bになったのだ。

 

けど現在では日本最大手のココイチカレーはハウス食品の連結子会社である。エスビー食品は老舗でありながらハウスの後塵を拝している。

 

今週から来週にかけても試食会を続けて7月には最終的にメニュー構成を決める予定。日本式カレーはオークランドで必ず売れる。但しそれは正しい方向性を向いた時である。市場調査、今が真っ最中。

 

ところでカレーはRの入る発音であり特にルーという発音は微妙である。なので僕は常にカレーソースと言うようにしている。間違えるとえらい騒ぎになるからだ。なので英語が苦手と思う人はカレールーとは言わないほうが良い。日本人であればカレーソースと発音した方が危険が少ない。



tom_eastwind at 20:50│Comments(0)TrackBack(0)諸行無常のビジネス日誌 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔