2017年08月03日

中国の夢

今日は笑った、あはは、コンピューターは素直ですね。

***

香港紙、明報は2日、中国のIT大手の騰訊(テンセント)が提供する人工知能(AI)を活用した対話プログラムがチャットで「共産党は無能」と批判を展開したため、サービスが急きょ停止されたと伝えた。

この対話プログラムは、同社のインスタントメッセンジャー「QQ」に登場した。利用者が「共産党万歳」と書き込むと「こんなに腐敗して無能な政治に万歳できるのか」と反論。「あなたにとって(習近平国家主席が掲げる)『中国の夢』とは何」との問い掛けには「米国への移住」と答えたという。(共同)

https://mainichi.jp/articles/20170803/k00/00m/030/121000c

***

 

いや、まさにこの通り。AIは正しい。ディープラーニングをすれば自然と今の共産党の問題などすぐ分かるわけだ。

 

社会主義的計画経済が現実問題として通用しないってのは分かりきった事である。何故なら社会主義や共産主義とは神様のみが使える発想であり私欲や俗世間に染まった一般の人間には実現不可能な思想なのである。

 

マルクス+エンゲルスの本もそれを実行したレーニンも悪い人じゃない。これは1800年代に極端な資本独裁主義に陥った英国で10歳の子供が自由契約の元で一日15時間も働かされ病気になれば放り出され金がないから病院にも行けず藁小屋の中で幼い命を失くした時代に「そりゃ違うっしょ」ってところから出てきた発想である。

 

だから悪くはないんだけど不完全である人間には使えない思想である。

 

それがまた中国という最も共産主義の似合わない国で毛沢東が無理やり引っ張り込んだから今のような訳の分からん状態になっている。



tom_eastwind at 16:37│Comments(0)諸行無常のビジネス日誌 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔