2017年08月10日

宣戦布告

何だか北朝鮮がきな臭い。トランプ発言に金正恩が思いっきり反発してグアムにミサイル撃ち込む、そのミサイルは日本の上空を飛ぶ。

 

日本からすれば同盟国である米国への攻撃は有事法制の集団的自衛権で防御することになるので日本上空に飛来すれば迎撃するって言うけど、日本に有効な迎撃ミサイルはあるのか?イージス艦から発射しても間に合うのか。

 

相手がジェット旅客機なら速度も遅いし図体もデカイから落とせるだろうがミサイル相手では命中率も下がるだろう。

 

第一本気で金正恩が米国相手に喧嘩を売るとなれば今鴨緑江の向こうに潜んでいる中国人民解放軍が平壌になだれ込んでクーデターを仕掛けて金正恩を追い落として金正男の息子を正当な後継者に仕立てるだろう。

 

何しろ中国からすれば北朝鮮も韓国も「属国」である。その属国を米国が戦争仕掛けて乗っ取ればこんなにやばい事はない。だから米国が動くならその前に中国が動く。

 

日本の地理的位置というのは本当に難しいものがある。北にロシア、西に北朝鮮と中国、韓国も今の情勢では味方とも言えず唯一助けてくれそうなのは太平洋の反対側にある米国のみである。

 

米国にとって日本は中ロに対する不沈空母列島であり中国からすれば日本を抑えれば自国と米国の間の北東アジア沿岸防御線となる。

 

この状態を観ているASEANメンバーからすれば心情的には日本寄りだが現実的に自国防衛のためには中国と組むしかない場合もあり得る。

 

日本からすれば唯一信頼出来るのは中国と敵対関係にあるインドと米国の同盟である豪州だ。

 

こうなると一触即発で有事の円買いで円高になる。いくら北朝鮮が本気になっても日本と全面戦争というのは武力的に判断してあり得ない。ならば国力の強い日本の円を買っておけという話になる。

 

中国も日本とガチで全面戦争をする気持ちはない。何故なら日本は属国として頑張って基礎技術を開発して中国に持ち込んでもらいたいからだ。

 

しかしいくら円が買われても日本海側の都市、例えば福井の原発が北朝鮮の武装部隊に爆破されたら周囲50kmはやばい事になる。新潟あたりも狙いやすい。

 

すると例え全面戦争ではないと言ったって攻め込まれた街からすれば全面戦争である。陸上自衛隊が来るったって現行法では防衛のために民家を潰すことは出来ず公道を走れる車両も限定されている。最近は戦車の代わりに戦闘車を使用しているのであれなら型式によっては公道を走れるが、搭載機関砲と兵士の銃だけでどこまで地域住民を守ることが出来るのか?

 

まさに1998年麻生幾によって書かれた近未来戦争小説「宣戦布告」の再現となる。

 

今回の有事行動、金融界から見れば円高と株安。経済から観れば原発爆破による企業の被害、退去、エネルギー問題と大変な騒ぎだ。政治から観ればまさに究極の危機である。

 

場合によっては予測不能なトランプと金正恩のガチ喧嘩になりそこに中国が殴り込んできて21世紀の東北アジアの勢力図が完全に塗り替えられることになる。その時日本はどの位置にいるのか。暫くは目が離せない。



tom_eastwind at 07:42│Comments(0)諸行無常のビジネス日誌 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔