2018年01月24日

寒波と噴火と日本人

寒い。昨晩真夜中前に東京入りしたけど、都内にゆきが積もってる。冬で雪が降るのは予報で聴いてたけど実際に都内に入ると、実に寒い。ホテルの前にも雪が積もっており溶ける様子もない。

 

そして草津白根山の噴火。台湾からスキーに来ていた観光客グループがビデオを撮っており噴火の瞬間から小屋に避難する様子、そこから救助隊のスノーモービルで下山する様子がよく分かる。噴火した時に火山から吹き出した真っ黒な石があちこちに転がっている。

 

ビデオを撮っている人は「逃げろ!」と言ってるが火山の噴火の怖さを知らないのかグループの中の女性客などはのんびりしたものだ。御嶽山の噴火では多くの死者を出した。

 

今朝もホテルを出て5分も歩くと、やはり寒い。太陽が出て晴れているのに寒い。夕方のニュースでは明朝の東京の朝はマイナス4度との事。屋外の水道管が凍る寒さである。

 

日本の自然は本当に大変だ。夏は東京で40度超す事もあるし冬は雪が降るし寒暖の差なんてものじゃなくて日本の自然は本当に脅威である。

 

ところが日本人が創るサービスの面ではほんとに日進月歩である。

 

今日のニュースではスーパーの買い物では商品を自分でスキャンして精算出来るからレジで並ばなくて良いようになったとの事。またスーパーやコンビニで使うクレジットカードにしても一定額まではサインしなくても使えるようになった。クレジットカードを使えなかった時代はもう過去のものである。

 

かといえばコンビニとフィットネスが一体化した店舗が出来たりコンビニで買い物したらそのまま横のスペースで食べることが出来る2つで1つ店舗があったり、ほんと日本はこんなサービスはどんどん進化している。

 

日本に住んでいるともう慣れているからこの便利さにピンと来ないかもしれないけど外国に住んでて時々日本に来るとサービスの良さを実感する。

 

同時に火山の噴火や大雪のニュースを観ていると自然が豊かと言って良いのかどうか。

 

ただ昨日の大雪に関しての記事が面白かった。大雪と分かっているのに朝から出社して電車やバスが運休になってから「今日は早く帰って良い」と言っても、おいおいすでに電車が止まってるんですがねって容である。

 

それに対して「そうやって大雪でも会社に来て仕事をするから君はコンビニで買い物が出来るんだよ」とかの意見も出たりしている。日本らしい議論である。

 

さあ明日も仕事だ。



tom_eastwind at 00:10│Comments(0) 諸行無常のビジネス日誌 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔