2018年05月26日

ビーンボール

それにしても北朝鮮、情けない限りである。中国に振り回されトランプにビーンボールぶつけられ、挙げ句に韓国にまた相談に行く。

 

言葉は言霊である。今まで思いっきり「米国を火の海にする!」とか罵詈雑言を吐いてたのに、米国が「じゃあ話すか?」と言うと飛びついて来た。

 

中国にも相談したら習近平が「えーんでねえの?」となった。

 

おっしゃ、これで金正恩体制さえ守れれば使えない核爆弾よりも安心である。

 

ところが習近平が何を思ったのか再度金正恩を大連に呼び出した。そして何かを吹き込んだ。これがまずかった。その後北朝鮮は急激に強気な発言をするようになった。「会いたいのはそちらでしょ」。

 

トランプは政治にはド素人だがビジネスではプロフェッショナルだ。世界中で修羅場をくぐり抜けてきた男である。

 

通常の国際政治では一度決めた国同士の約束、つまり6月のシンガポールでの国際会議を突如取りやめなんてのは非常識であり得ない話であるがトランプは政治家ではなくビジネスマンだ。

 

中国と北朝鮮の間でなにかやったな、そう感じた彼は直感的に北朝鮮に対してビーンボール、つまり「会議、やらん」とぶつけてきた。更に「うちの核爆弾は数も性能もおたくよりよいからね」とやった。

 

ここで北朝鮮はびっくりした。今までは外交で勝っていると思って偉そうなこと言ってたのに、いきなり自分の頭にビーンボールをぶつけられたのだ。

 

そこで態度を変えて「まあまあ旦那、そんな怒らずにさ、座敷に戻ってよ〜」となった。

 

だったら最初から大口を叩かなければよい。口から出た言葉は約束でもある。その意味を米国人は明確に理解している。

 

“My word is my bond” 「私の言葉は私の約束である」大英帝国時代から続く紳士の言葉である。

 

それに対して北朝鮮は「約束はしたけれど守るとは言ってない」と言う国だ。

 

つまり今回の米朝交渉は政治の世界から外れて荒野の決闘になっている。そうなると米国のほうが強い。持っている手玉が多いからだ。

 

米朝交渉がどうなるか、ニュージーランドから高みの見物である。



tom_eastwind at 07:03│Comments(0) 諸行無常のビジネス日誌 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔