2018年10月03日

安倍内閣





発表された人事を観るとよく出来た人事で面白いやら笑えるやらである。

 

例えば麻生副首相留任で自民党内部からも「もりかけ問題で自殺者も出して引責辞任は当然だろう」と言うが現場の最先端で起こった事故も麻生さんの責任か?

 

そうなれば財務省で痴漢が出れば麻生首、不倫が出れば麻生首、未成年交際が出れば麻生首と、とにかくきりがなくなる。一体どれだけ大臣の準備をするのか。

 

内部発言の本音は「現場は俺たちが仕切り万が一のときはお前が責任を取る」であろう。要するに権限あって責任なしの代表例である。

 

しかし今回の人事でもりかけを持ち出して麻生退任にするのは時差がきつくないか。すでに多くの国民の中でもりかけは終わっている。それなのに今更のように麻生退任の話を持ち出してくる人物は国益よりも私益を狙っているとしか思えない。麻生さんはまだまだ日本の国益のために働ける人である。

 

甘利明氏はやっとよいところに落ち着いた。TPPやってる最中に不正献金、早めに責任を認めて辞任、暫くは蟄居だったが今年からあべちゃんと再度タッグを組んで色んな仕掛けをして、その意味では実に賢い人である。この人は副大臣までいくだろう。

 

法務大臣の山下貴司、このひとを入閣させたのは、若くても能力あれば大臣になれるよってサインであり同時に総裁選で敵に回った連中にも串カツの一串ぐらいはあげようって、如何にも日本的な人事である。

 

他にも大臣経験者の小渕ゆうこさんを出すかとか小泉の息子を出すかとか舞台裏では様々な駆け引きがあったと推測されるが、基盤は留任メンバーで固めており次の選挙に向けて体制を引き締める状況であろう。

 

誰が考えたのか分からないが実に上手くまとまったと思う。あとは週刊誌にシモネタを取られない事である。

 

それにしても「末は博士か大臣か」という言葉があるが、現代では大臣の方が退任後の手当を含めて恵まれているようである。

 



tom_eastwind at 13:22│Comments(0) 諸行無常のビジネス日誌 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔